玄米アミノ酸活用法

玄米アミノ酸活用法

猛暑に強い!玄米アミノ酸 米ぬかぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!

Tool_h1作成_small

■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粒体3㎏と米ぬか100㎏で玄米アミノ酸米ぬかぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20㎏をまぜる。10アール…

夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!

201607

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 (1)玄米アミノ酸酵素液2000倍希釈液の葉面散布  水に玄米アミノ酸酵素液を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきま…

植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~

201606

 気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害の最大の予防策は植物を元気にすることである。決して農薬などの対処療法で…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

201605

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの…。それなら早く教えてよ」この方法は今までの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  …

玄米アミノ酸米ぬかぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!

201604

 初期育成を良くしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病虫害にも徹底的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

1603

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性化である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸…

育苗は根を作ることが最大の目的

201602

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、日…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!

eye201601

 冬場は日照不足でいろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。すべては光合成が弱くなることが原因している。これを補うために玄米アミノ酸酵素液を葉面…

冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!

NL201512

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が多ければカビ、乾燥してもカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不…

冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

nl1201511

 「夏場のぼかしは作りやすいが、冬場はどうもうまく温度が上がらなくて・・・」と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

201510

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上がりをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

201509

◎秋・冬作には玄米アミノ酸もみがらぼかし300kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸ぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でま…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!

1508

■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粒体3㎏と米ぬか100㎏でぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20㎏をまぜる。10アールに200㎏入れる。…

夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!

1507

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 ①玄米アミノ酸酵素液2000倍希釈液の葉面散布  水に玄米アミノ酸酵素液を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきま…

植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~

1506

 気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害の最大の予防策は植物を元気にすることである。決して農薬などの対処療法…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

201505

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの…。それなら早く教えてよ」この方法は今までの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  …

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!

201504

 初期育成を良くしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病虫害にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

201503

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性化である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸…

育苗は根を作ることが最大の目的

201502

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、日…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!

eye

 冬場は日照不足でいろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。すべては光合成が弱くなることが原因している。これを補うために玄米アミノ酸酵素液を葉面…

冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!

eye201412

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が多ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不…

冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

1411

 「夏場のぼかしは作りやすいが、冬場はどうもうまく温度が上がらなくて・・・」と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

201410

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上がりをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

eye1409

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸ぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!

201408

■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粒体3㎏と米ぬか100㎏でぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20㎏をまぜる。10アールに200㎏入れる。…

「光合成」を最大限に活用しましょう!

1407

この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 ①玄米アミノ酸酵素液2000倍希釈液の葉面散布  水に玄米アミノ酸酵素液を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかき…

植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~

1406

 気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害の最大の予防策は植物を元気にすることである。決して農薬などの対処療法…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

1405

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの…。それなら早く教えてよ」この方法は今までの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  …

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!

1404

 初期育成をよくしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病虫害にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

1403

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性化である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中…

育苗は根を作ることが最大の目的

1402

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、日…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!

201401eye

 冬場は日照不足でいろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。すべては光合成が弱くなることが原因している。これを補うために玄米アミノ酸酵素液を葉面…

冬場のうどん粉病が解決できれば収入は大幅にアップする!

201312

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が多ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不…

冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

1311

 夏場のぼかしは作りやすいが冬場はどうもうまく温度が上がらなくて、と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では条件が違う…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

1310

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上りをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

201309

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸のぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏の温度…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布は効果が目に見える季節!

201308

 ■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粉体3kgと米ぬか100kgでぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20kgをまぜる。10アールに200kg入れる…

夏の強い光を味方につけよう! 「光合成」を最大限に活用しましょう!

201307

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 (1)玄米アミノ酸液体2000倍希釈の葉面散布  水にアミノ酸を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきまぜたら2時間〜3時間置…

植物の成育とともに病虫害も多発!

201306

〜玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方〜  気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

201305

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの‥。それなら早く教えてよ」この方法はいままでの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  排水…

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組合せになる!

201304

 初期育成をよくしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病害虫にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高の定…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

201303

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸素を多く取…

育苗は根を作ることが最大の目的

201302

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、陽…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸の葉面散布で日照不足を解消!

201301

 冬場は日照が不足するといろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。 すべては光合成が弱くなることが原因している。 これを補うために玄米アミノ酸の…

冬場のうどん粉病が解決できれば収入は大幅にアップする!

201212

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が高ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不足にな…

冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

201211

 夏場のぼかしは作りやすいが冬場はどうもうまく温度が上がらなくて、と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では条件が違う…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

201210

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上りをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

201209

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸のぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏の温度…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布は効果が目に見える季節!

201208

 ■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粉体3kgと米ぬか100kgでぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20kgをまぜる。10アールに200kg入れる…

夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!

201207

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 (1)玄米アミノ酸液体2000倍希釈の葉面散布  水にアミノ酸を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきまぜたら2時間〜3時間置…

植物の成育とともに病虫害も多発!

201206

〜玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方〜  気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

201205

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの‥。それなら早く教えてよ」この方法はいままでの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  排水…

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組合せになる!

201204

 初期育成をよくしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病害虫にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高の定…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

201203

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸素を多く取…

育苗は根を作ることが最大の目的

201202

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、陽…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸の葉面散布で日照不足を解消!

201201

 冬場は日照が不足するといろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。 すべては光合成が弱くなることが原因している。 これを補うために玄米アミノ酸の…

冬場のうどん粉病が解決できれば収入は大幅にアップする!

201112

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が高ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不足にな…

冬場のぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

201111

 夏場のぼかしは作りやすいが冬場はどうもうまく温度が上がらなくて、と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では条件が違う…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

201110

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上りをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

201109

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸のぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏の温度…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布は効果が目に見える季節!

201108

 ■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粉体3kgと米ぬか100kgでぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20kgをまぜる。10アールに200kg入れる…

夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!

201107

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 (1)玄米アミノ酸液体2000倍希釈の葉面散布  水にアミノ酸を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきまぜたら2時間〜3時間置…

植物の成育とともに病虫害も多発!

201106

〜玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方〜  気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

201105

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの‥。それなら早く教えてよ」この方法はいままでの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  排水…

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組合せになる!

201104

 初期育成をよくしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病害虫にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高の定…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

201103

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸素を多く取…

育苗は根を作ることが最大の目的

201102

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、陽…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸の葉面散布で日照不足を解消!

201101

 冬場は日照が不足するといろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。 すべては光合成が弱くなることが原因している。 これを補うために玄米アミノ酸の…

冬場のうどん粉病が解決できれば収入は大幅にアップする!

201012

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が高ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不足にな…

冬場のぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

201011

 夏場のぼかしは作りやすいが冬場はどうもうまく温度が上がらなくて、と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では条件が違う…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

201010

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上りをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

201009

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸のぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏の温度…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布は効果が目に見える季節!

201008

 ■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粉体3kgと米ぬか100kgでぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20kgをまぜる。10アールに200kg入れる…

夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!

201007

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 (1)玄米アミノ酸液体2000倍希釈の葉面散布  水にアミノ酸を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきまぜたら2時間〜3時間置…

植物の成育とともに病虫害も多発!

201006

〜玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方〜  気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

201005

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの‥。それなら早く教えてよ」この方法はいままでの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  排水…

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組合せになる!

201004

 初期育成をよくしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病害虫にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高の定…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

201003

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性である。微生物の働きを活性化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸素を多く取…

育苗は根を作ることが最大の目的

201002

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、陽…

冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸の葉面散布で日照不足を解消!

201001

 冬場は日照が不足するといろいろなトラブルが出てくる。うどん粉病、着色が悪い、成長が遅い、収量が出ないなどである。 すべては光合成が弱くなることが原因している。 これを補うために玄米アミノ酸の…

冬場のうどん粉病が解決できれば収入は大幅にアップする!

200912

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が高ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不足にな…

冬場のぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!

200911

 夏場のぼかしは作りやすいが冬場はどうもうまく温度が上がらなくて、と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では条件が違う…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

200910

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上りをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜の…

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

200909

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸のぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏の温度…

猛暑に強い!玄米アミノ酸ぼかしは作りやすく、葉面散布は効果が目に見える季節!

200908

 ■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粉体3?と米ぬか100?でぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20?をまぜる。10アールに200?入れる。マルチ…

高温多湿は玄米アミノ酸ぼかし作りの絶好期!この時期を逃すな!

200907

 これからは毎日が真夏日状態になる。この時期が一番玄米アミノ酸ぼかしを作りやすい。作ってみたいと思いながら、なかなかできなかった人には絶好期である。  ぼかしが作りやすいというだけではない。…

物の成育とともに病虫害も多発!

200906

〜玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方〜  気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害…

玄米アミノ酸を初めて使われる方はリスクなしの液体がおススメである!

200906

 新規のお客様が大変な勢いで増え続けている。今回は新しく玄米アミノ酸を使われる方を対象にして活用法をお伝えしたいと思う。  玄米アミノ酸を使われるようになった理由はいろいろあると思う。病害虫の…

玄米アミノ酸を初めて使われる方はリスクなしの液体がおススメである!

200905

 新規のお客様が大変な勢いで増え続けている。今回は新しく玄米アミノ酸を使われる方を対象にして活用法をお伝えしたいと思う。  玄米アミノ酸を使われるようになった理由はいろいろあると思う。病害虫…

玄米アミノ酸ぼかしを基本にすれば自由自在に微生物が作れる!

200904

 玄米アミノ酸の基本は「ぼかし」である。なぜ「ぼかし」なのかというとこれを基本にしていろいろな工夫ができるからである。 (1)米ぬかで玄米アミノ酸のぼかしだけを作る。10アールに100kg〜2…

最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」

200903

 春になったら一番先に始めること、それは微生物の活性である。微生物の働きを活発化することで、その後に入れる肥料の効き方がまったく違ってくる。  微生物を活性化する目的は「土の中に酸素を多く取り…

育苗は根を作ることが最大の目的

200902

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、陽…

地温を上げるには微生物パワー日照不足は玄米アミノ酸酵素液パワー

200901

 石油は一時よりも下がったとはいえ、まだまだ高値である。昨年の最高値と比較してもはるかに高い。暖房費だけで採算が取れるかどうか心配されるほどである。光熱費対策に玄米アミノ酸はどう活用すればいい…

冬場のうどん粉病が解決できれば収入は大幅にアップする!

200812

 冬場の大敵は「うどん粉病」である。農業にとってカビは実にやっかいものである。湿気が高ければカビ、乾燥すればカビである。  乾燥して、どうしてカビになるのか。原因は日照不足である。日照不足にな…

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

200810

 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上りをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜…

まだ夏!低コストの玄米アミノ酸ぼかしの作り時!

200809

◎秋・冬作には玄米アミノ酸ぼかし200kg  秋・冬作の育苗期から定植期である。石油の高値もあって暖房代の節約には玄米アミノ酸のぼかしを活用してほしいと思う。  幸いにも9月は温暖化による気…

8月は秋・冬ものの苗作り「苗作りは根作り」です

200808

 イチゴの苗作りの季節になりました。イチゴだけでなく秋・冬野菜も同じように苗作りが始まります。苗は地下部の根を大きく、地上部を小さくが基本です。チッソが多すぎると根は伸びずに地上部だけ伸びてし…

夏の強い光を見方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!

200807

 この時期の主役は「光合成」。夏の強い光を味方につけよう。 (1)玄米アミノ酸液体2000倍希釈の葉面散布  水にアミノ酸を2000倍に希釈してよくかきまぜる。よくかきまぜたら2時間〜3時間置…

熱い時の病虫害対策はできてますか!

200806

 気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害の最大の予防策は植物を元気にすることである。決して農薬などの対処療法…

病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法

200805

 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法がある。「え!そんな使用方法があったの‥。それなら早く教えてよ」この方法はいままでの基礎の上に使ってもらうとさらに効果が出る。  排水…

玄米アミノ酸ぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組合せになる!

200804

 初期育成をよくしたい。根の張りをしっかり出して強い根にしたい。できたら病害虫にも決定的に強くなりたい。化学肥料は使わずにやりたい。高価な有機肥料もあまり使いたくない。コストを安くして最高の定…

高温・低湿を自然に調整してくれる便利な微生物!

200803

 昨年ぐらいから気候が大きく変化したことをはっきりと自覚して土づくりに取組む年である。とにかく思っている以上の速度である。今までのように周囲の様子を見てからヨイショでは遅すぎる。これは言いすぎ…

育苗は根を作ることが最大の目的

200802

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなどもっての外である。通気性、…

玄米アミノ酸の葉面散布で、高い暖房代の負担を軽くしよう!

200801

 1月は施設栽培が生産の中心である。灯油は史上最高値。これだけでも打撃は大きいと思う。利益が出るどころか採算が割れなければと心配しながらの毎日ではないだろうか。  (さらに&hellip…

冬場のぼかし作りと夏場のぼかし作りの違い

200711

 夏場のぼかしは作りやすいが冬場はどうもうまく温度が上がらなくて、と悩んでいる方にコツを教える。  夏場は温度も高く湿度も高い。それに比べて冬場は温度も低く乾燥する。夏場と冬場では条件が違うわ…

玄米アミノ酸は栽培終了後の使い方で差が出る。

200710

 土壌をフカフカにして病害をなくすには、仕事の手順がある。やみくもにやっても良い結果は得られない。今年の春から秋にかけての土壌に発生した事をよく思い出してほしい。わかる範囲でも書き出してみる…

秋・冬に栽培する作物は9月の初期育成の出来が勝負を決する。

200709

 これから晩秋に向かって陽は短くなり、弱くなる。光合成も弱くなるわけである。光合成が弱くなると植物の成長力も弱まる。そこで秋冬に収穫する栽培作物は初期育成が非常に重要になる。ここで失敗すると取…

猛暑こそ、さらに気力アップの玄米アミノ酸

200708

■施設栽培で畑を休ませないで土壌の悪玉菌をやっつける方法 ◎玄米アミノ酸粉体3kgを米ぬか100kgでぼかしを完成させてから、醗酵ニームケイク20 kgをまぜる。10アールに200kg入れる。…

ぼかしは暑さに強い!光合成で収穫倍増!

200707

 7月夏野菜の最盛期である。トマト、ナス、キューリ、ピーマン、オクラ。共通する点は葉を繁らせて光合成して、その勢いで開花と着果をくり返す。残念な事に早い方は7月の前半で収穫が終る。上手な方…

病害虫は植物を元気にしながら退治する

200706

 6月は梅雨である。高温で湿気が多い時に病害虫は出てくる。カビが一番わかりやすい例である。曇りで通気が悪く、湿気が多いと悪玉菌が活躍しやすくなる。一度病害虫が出始めると次からはゾロゾロ。スリ…

米ぬかぼかしで除草は大きなコストダウンになる

200705

 昨年の12月号で米ぬかぼかしの除草効果という情報をお伝えした。その実験を実行に移してほしいのである。最初は小面積でもいい。もしこれで除草効果ができるなら植物に負担の多い除草剤は使用しなくて済…

土は微生物で作られる!

200703

 土は微生物で作られる。微生物の生活しやすい環境を考え、どうすれば微生物がふえていくのかだけを考えれば自然に土は出来てくる。土ができて、微生物が繁殖すれば植物に必要な栄養成分はすべて微生物が…

苗半作!成功のカギは育苗にあり

200702

育苗の季節になった。もっとも大切なスタートの時である。苗半作と言われるように、ここが肝心腰である。 (さらに…)…

玄米アミノ酸液体散布で糖度はグッとあがる

200701

 糖度計はたいていの生産者が持っている。P.Hメーターとか水分メーターなどを持っている人は少ないが、糖度計は持っている。なぜだろうか。消費者から一番、要求されること。それが糖度だからである。…

米ぬかぼかしで除草ができる。除草剤はもういらない!

200612

 除草で悩んでいる生産者はほとんどではないかと思う。だからマルチをする。除草剤を使う。確かに除草効果はある。問題も残る。特に除草剤は成分内容をよく見てほしい。除草をするには強酸にするか強アル…

玄米アミノ酸ぼかしの作り方

200610

玄米アミノ酸「ぼかし」の作り方に関する問い合わせが非常に多い。分かりやすい手順をお伝えする。 (さらに…)…

ぼかしには地球創生のパワーがある

200609

 ぼかしは必ず大きな結果を出す。結果の出ない人はいないはずである。なぜ結果の出る人と出ない人は分かれるのか。この答えの前に必ず大きな結果が出る理由を説明して置くことにしよう。 (さらに&h…

土壌消毒を活用して善玉菌をふやす方法

200608

 8月になると土壌消毒の季節である。強い太陽光線を利用した太陽熱消毒もあちこちで見かける。しかし、その効力について知っている人がどれだけいるだろうか。菌はもともと目に見えないものである。生きて…

暑さを味方に回すか敵にするかで結果は大きく違ってくる

200608

8月は暑いに決っている  8月テーマは暑さである。5月6月は日照不足で悩み今度は暑さが・・。「やってられないよ」なんて言うボヤキが聞こえてきそうだね。農業は自然が相手だから、どんな場合でも…

利益の額を決める夏の追肥

200607

 追肥をやる時期はは非常にむずかしい。特に液肥はタイミングがある。肥料分があるうちに早めに入れると肥料過多になる。遅いと元気を取り戻すのに時間がかかる。ちょうどいい頃に投入しないと早すぎても…

夏場の虫対策はニームパワーを使ってみよう

200606

 ニームには、害虫が餓死する。成長しない。孵化しない。産卵が抑制される酵素が含まれている。この酵素を玄米アミノ酸で抽出した。それが玄米アミノ酸ニーム酵素である。 (さらに……

初夏だ!光合成を活発にさせよう

200605

 5月になってグーンと陽射しが強くなってきた。6日が立夏なのでもう夏ということである。植物がグングン成長する、年に一回の時期である。なぜか成長するのか。わかりきったこと質問やな。アホかと言わ…

春肥に活用できる玄米アミノ酸ぼかし

200604

 玄米アミノ酸ぼかしは少しの工夫でいろいろに活用できる。もちろん玄米アミノ酸の米ぬかぼかし単体で充分に肥料になる。これだけの効果があるのだから、もっと上手に利用する方法はないものかと思われて…

100kgの微生物をすき込みして土づくりをする

200603

 玄米アミノ酸のぼかしは肥料にもなるが本来は土づくりに使うのが一番、良い方法である。10アールに100kgを土壌にすき込みをするというとそれだけの量で何ができるのと思われるかもしれない。玄米ア…

冬場の玄米アミノ酸活用

200601

育苗土には玄米アミノ酸 春になったら、まず苗作りである。自前で作る人もいれば購入する人もいると思う。苗が順調に育つかどうかは大問題である。苗半作と言われるように成長のリズムが苗で決まるからあで…

どこまでも基本は「土づくり」

 12 月といえば農閑期である。ゆっくりとして体の疲れを癒す時でもある。年中、体を酷使したのでは持たない。鋭気を養って春に備える。人間はこういうサイクルで仕事をしている。それでは土はどうやって…

秋こそ玄米アミノぼかしで土壌改良をやりましよう

 農業は土づくりが基本である。連作を続けていると障害が出る。吸収される成分と残留する成分がいつも同じだからバランスがくずれてしまうのである。化学肥料を使いすぎても土壌が酸性化する。もっとも頭が…

秋肥えこそ、玄米アミノ酸ぼかし

 春作から秋作の生産が終った、今年はどうだったのでしょうか。よかった人も悪かった人もいるかもしれない。どちらにも共通のテーマが次回作である。次はどうすればいいかである。次回の春作まではだいぶ時…

玄米アミノ酸液体の有効活用

 玄米アミノ酸の液体は、広い用途に使う事ができる。どういう働きがあるのかを確認してみよう。 (さらに…)…

夏場の猛暑にそなえて病害対策の土壌作り

ニームアミノ酸ぼかしの活用法 今年は例年になく病害虫が大発生しそうな気がする。病害虫が発生する条件が整いすぎているからである。これで春に温度が上昇しそのまま猛暑なら、また台風の雨風である。  …

春先こそ醗酵肥料

 ぼかしの利点は、冬場の温度が低い時でも効果を出す事である。有機物なら低温で分解する事はない。しかし、ぼかしには、醗酵した熟がある。その熱エネルギーで微生物は働く事ができる。春のまだ温度の低い…

冬場のぼかしの作り方

 冬場は夏場と違い、湿度が低い。そこで少し工夫が必要となってくる。 その工夫の方法をお伝えしよう。 (さらに…)…

冬場の玄米アミノ酸のぼかしの作り方

 11月・12月の農閑期は土壌見直しの絶好期である。この時期を逃さずに思いきったチャレンジをしてみよう。  肥料をどうしてもたくさん入れたい方、肥料が少なくて作物ができるか不安という方は大勢い…

収穫後の土壌改良は 玄米アミノ酸のぼかし

 11月は、ほ場の土壌を見直すまたとない機会である。 今年はどういう結果だったのか思い出してみよう。 (さらに…)…

病虫害を減らすニームの使い方

 最近、ニームの引き合いが非常に多い。それだけ病害虫に悩んでいるということになるのかもしれない。今回は二ームの有効的な使い方をお伝えしよう! 青虫か発生し被害が出ている場合 (さらに&he…

玄米アノ酸ボカシ 追肥が有効

植物の体力が極端に低下している場合の対策  7月から8月にかけて毎年野菜が高騰する。市場出荷量がガタツと落ちるのである。7月まで出荷できるはずが6月で終ってしまう。8月まで出荷できるはずが7月…

玄米アミノ酸ボカシ。出来あがり状態判別法

玄米アミノ酸ほかしを追肥に使いたい場合 (さらに…)…

夏場の虫対策は二ームパワーを使ってみよう

二―ム酵素液の便い方  二― ムは、害虫が餓死する。成長しない。艀化しない。産卵が抑制される酵素が含まれている。この酵素を玄米アミノ酸で抽出した。それが二―ム酵素である。玄米アミノ酸の液体醗酵…

玄米アミノ酸液体の使い方

 玄米アミノ酸の使い方は2000倍希釈で葉面散布する。3000倍希釈で潅水をするというのが基本である。小れしかできないわけではない。応用がおもしろいのである。コストも低く抑える事ができる。これ…

苗づくりポイント

玄米アミノ酸液体500倍〜1000倍の希釈液を週1回散布  他の栄養剤と併用してもよいが、これだけで充分。経費を余分に使う必要はない。希釈水は多めに与える事、浸透吸収が早いので、さらに元気が出…

玄米アミノ酸ぼかし 六つのすごい複合効果 

 収穫をする為にはどうしてもほ場に無理がでる。肥料もたくさん入れる。消毒もする。わかりやすく言うと畑をこき使うと言うことになる。畑の疲れが取れないとさらに問題が出てくる。連作障害。それだけでは…