国も農協も見当違いな補助とアイデアばかりで先行きが見えない!

国も農協も見当違いな補助とアイデアばかりで先行きが見えない!

 昨日の質問に、お手紙でお答えいただき誠にありがとうございました。正直なところ、ぼかし肥を使うようになり、味そのものは相当自信のあるミニトマトが出来てくるようになりました。ただ、農協からのクレームによると、色つきがあまり良くない、なんで真っ赤にならないのか、ということを言われたりします。ここ数年、堆肥関係は極力というか、ほとんど入れてきませんでした。土壌診断の結果を聞きにいくと、「肥料は入れる必要がほとんどないです」とも言われていましたので…。思い切って、今年は多少でも入れようと母と相談していました。個人的に調べてみて、カルシウム関係の不足なのではないかと思ってもいました。
 ただ、ここ数年の異常な気候によって収穫も激減しているのに対して、農協での販売価格は下落傾向でしかなく、正直このままでは食べていけないのではと思い、考えているところです。いろいろ調べてみれば、確かに農協への出荷では流通体制の不備と言いますか、経費ばかりを引かれて、農家への収入は半額以下になってしまっていますね。農協と市場によって適正な価格で取引されているとは到底思えないのですが、連日野菜の収穫をし、個人的にそれを全て捌けるかというとやはり難しい問題なのかもしれません。
 しかしながら、国も農協も農業への改革等声高に叫びながらも、見当違いな補助ばかりしかアイデアが出ず、国策として海外市場の開拓、流通対策、種子・肥料の高騰対策等、本来必要な部分のアイデアが全く出ていないのでこれからも国内の小作農家は壊滅的になっていくのかもしれませんね。
 愚痴を書いてしまい甚だお恥ずかしく思います。これからも農家の味方として、有益な情報の発信等の活動を頑張っていただきたいと思っております。これからもよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。
栃木県 T様より


 FAXありがとうございます。
 生産者が農協と取引するメリットは全くないと言っていいでしょう。農協の手数料が高いということもその理由ですが、さらに重要なのが価格です。農家が価格をつけるのではありません。買う人が値をつけるのです。買う人は少しでも安い方がいいですよね。価格が上がるわけがないのです。利益が出るわけがないのです。一日も早く農協の販売とは手を切って自分が作った物は自分で値をつけるようにしないと利益は出ません。
 直売所は自分で値をつけるのがほとんどです。農協よりは利益が出るでしょう。
 行政は平等ということばかりを考えます。平等にすると頑張った人は評価されないのです。頑張った人が評価されないと努力をしなくなります。現在の日本の大きなテーマです。平等よりも大切なのは努力をした方がお金でも人格でも評価がされるということです。
 農協の良い所は上手に利用して下さい。

関連記事

  1. 白菜も大根も大量のアブラムシにやられました!
  2. 青虫、ヨトウ虫、カブラハバチの発生で困っています!
  3. 土壌のPHは7!肥料不足のような状態です。今年と同じようにトマトの収穫を1.5倍にするには・・・
  4. 落花生が全滅!なぜでしょうか・・・?
  5. ネギの葉にしまりがなく出荷できなくなりました!病気なのでしょうか。
  6. 玄米アミノ酸のぼかしが大量に出来ると聞いてメリットを感じています。
  7. 高温で青枯れが発生!原因がよく分からない・・・
  8. ニーム酵素液は、露地栽培で害虫防除が本当に可能なのでしょうか。
  9. イチゴの高設栽培をしています。9月の定植までに注意することは何ですか?
  10. ミディトマトの循環式水耕栽培をしています。