兼業農家が農業で利益を上げるために必要なことがある!

兼業農家が農業で利益を上げるために必要なことがある!

玄米アミノ酸 玄米アミノ酸もお陰様で3万軒に近い会員数にまで成長した。家庭菜園の方から大規模な生産者にいたるまで、実に幅の広い会員の方がおられる。最近、急激にふえているのは兼業農家の方である。もともと一番多い生産者のタイプである。


なぜ兼業の方が玄米アミノ酸に注目するのだろうか。その理由は三つほどある。

(1)農薬はできるだけ使いたくない
 お金の問題ではなく健康の事が心配なのである。農業で利益をとは思っていない。先祖の土地を守りたいのである。しかし、そのために体を壊しては何もならないと思っている。

(2)情報がたくさんありそうだ
 兼業なので仲間も少なく情報も少ない。情報を無料でもらえるところはほとんどない。玄米アミノ酸は情報を無料でくれる。これは便利に思えるのである。

(3)「楽して儲かる」簡単にできそうだ
 以上の三つの理由から兼業の方が玄米アミノ酸の会員になられているようである。共通した欠点というのがある。それは農業の基本を知らないことである。無理もない。本業の片手間だから、形ばかりをやっていればいいという思いがどこかにある。しかし、これが落とし穴なのである。形ばかりと軽く考えてすべて他人まかせになる。そうすると資材費がとんでもないことになる。利益は出なくてもどころか、もうまっ赤な血をたれ流すことになってしまう。

玄米アミノ酸 さらに、今年のような天候不順になると、ていねいな仕事ができない。その結果、作物が売り物にならないという最悪の状態になってしまうことも珍しくないのである。

 これは、もったいない話である。何よりもまず基本をしっかり学習してほしいのである。技術もないのに成功をするはずがないのである。苗を植えて、適当に水をやれば育つというものではない。それは昔の事である。その程度では商品にならない。米だって同じである。食味が悪ければ値はつかない。品質にこだわらない生産物なんて、まったく価値がないのである。

 玄米アミノ酸のほんとうの目的はいかに質のよい農産物をつくるかにある。質のいい植物を育てるということは自分の健康にもやさしいということである。食べる人にも安心。そして安いコストで生産をして安い価格で売れるようにする。

玄米アミノ酸 それを実現するためには毎月のニュースレターをしっかりと熟読することなのである。現場ですぐに使えて、すぐに結果を出せることばかりが書いてある。こんな情報誌はどこを探しても見当らないと思う。しかも無料である。熟読をして現場に活かすことができれば専業農家よりも、はるかに高い技術を身につけることができる。損しなくなるだけでなく利益を生むことも可能になるのである。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!