今年の異常な雨量は日本の梅雨ではなく熱帯の雨期に変化した証拠!対策を急げ!

今年の異常な雨量は日本の梅雨ではなく熱帯の雨期に変化した証拠!対策を急げ!

玄米アミノ酸 今年の春から夏にかけて雨は降りっ放しである。梅雨が明けるのも遅くなった。雨の降り方はシトシトではない。ドシャ降りである。これは今年だけの現象と考えている方も多いと思う。実は地球温暖化で気象環境が大変化を起こしてしまったのである。


環境破壊が続く限り、この傾向は強まるばかりなのである。

 テレビなどで見ることがあると思うけれども、日本よりも、もっと南にある暑い国をイメージしてほしい。暑い国は明確に雨期と乾期に分かれる。雨期は雨ばっかりである。乾期は一滴の雨も降らない。温暖化によって気温が上昇して暑い国のようになっているのである。

 特に九州に集中して豪雨が多かったことを考えてみても、この傾向は温暖化なのである。

 でも農水省をはじめ、気象庁は温暖化とは言わない。その理由は科学的根拠がないというものなのである。すでに現実的に大きな被害が出ているのに科学的根拠がないと言い張るのである。科学的根拠なんか、あろうとなかろうと梅雨は長引き、雨の量は桁違いに多くなっているのである。一説によると7月どころか8月まで雨になる可能性が高いというのである。そうだとしたら、対策は早めである。とにかく排水である。暗渠を埋めるのも方法である。深く掘るのも方法である。排水の溝を作るのも方法である。雨が多量に降ることを前提にする必要がある。

玄米アミノ酸 年明けからの対策では遅すぎる。年内に終了していないと春の仕事が遅れてしまうのである。育苗、耕起、施肥、定植と忙しいのに排水なんかやっていられない。

 排水は年内という理由がもう一つある。排水は自分の力だけではできないことが多いのである。土木業者に依頼しなくてはいけない。補助金の申請も必要である。手続きに手間がかかる。さらに土木業者は年が明けると年度末の3月が近づき忙しくなる。排水なんかやっていられなくなる。だから年内なのである。

玄米アミノ酸 春から夏にかけて雨が大量に降るということは農業のやり方を根本的に変える時期にきてしまったということである。特に日本特有のロータリ耕による耕起は大きな被害を出す確率が高い。作土が浅く、過細度で水がたまりやすい。カビ・バクテリアの大繁殖である。根腐れ、尻腐れ、灰色カビ、うどん粉のオンパレードになってしまう。

 ロータリー耕の方は是非ともソイラーに変えてほしい。もちろん借りてもいい。とにかく考えられる限りの雨対策を今年中に終了する。今年は九州が特にひどかったけれども、それが中国、四国と北上することは当然のことなのである。温暖化の速度は想像以上に早い。対策が遅れると壊滅的な打撃はあり得るのである。のんびりはしていられなくなった。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!