「農業経営者育成塾」無料講座 第三回目の開校!塾生大募集!

「農業経営者育成塾」無料講座 第三回目の開校!塾生大募集!

楽して儲かる農業みーつけた
 農業経営者育成塾の無料講座が三回目の開校となる。10月に開校である。農業は稼業でも成り立つ。一人でもできる。代々農業を継承している場合も多い。それほどの歴史がありながら内容はどうだろうか。技術はほとんどない、販売先は農協だけが頼り、品質についても知らない、利益は出ない、生活していけるだけ。これを代々繰り返している場合がどれだけ多いことだろうか。その親の姿を子どもが見て魅力を感じるだろうか。将来に希望が持てるだろうか。農業をしていることに誇りを感じることができるだろうか。すべてノーである。子どもが農業をやりたいと言ったら「馬鹿なことを言うな!」という親は多いだろうと思う。

 なぜ、このようなことになってしまうのだろうか。答えは一つである。経営ということにあまりにも無知なのである。意味すら分からない。経営感覚などあるはずがない。悪口を言っているのではない。250万人の農業者の現実である。栽培についてはどこかで教えられたとしても、経営を教えてくれる所はない。栽培イコール経営だと勘違いしている。

 農業生産者に欠けているものは、経営するという感覚なのである。この視点に立って栽培を見返してみると栽培と経営が一致していないことが理解できるようになる。

 これは無料の講座だから、何回受講しても無料である。ここが大きなポイントなのである。経営感覚のない方がすぐにパッと目覚めて経営者になれるわけなどあり得ない。少しずつ感覚は育つのものである。

 受講を何回も繰り返す中で、自分にもっとも必要なことというのが必ず見えてくる。これをやったら自分の目的とする農業がはっきり見えてくるということになるのである。それが見えてくるようになると、やることがまるっきり違ってくる。目的に一直線に進めるようになる。農業が楽しくなってくる。自分にしかない技術を目指すことができるようになる。
楽して儲かる農業みーつけた

 さらに大切なのは、育成塾の仲間である。インターネットを通して、いろいろな考え方に触れることができる。これは目に見えない大きな付加価値である。〝こういう考え方をする方もいる〟と無料で学べるのである。今までの農業生産者にはなかったことである。それも近所、隣ではない。全国にいる方とコミュニケーションができる。地域の差は大きい。もの凄く参考になる。

 第三回目からはインターネットで公募している。さらに面白くなる。参加者が多ければ多いほど、多様な人が出て来て、その人に触れることができる。経営にはとても大切なことなのである。自分の考えとは違うからこそ参考になる。農業経営者育成塾は、ここを出発点にして次のステップが三段階もある。これは農業経営者育成塾にしかないものである。このステップを通して経営者として大成していけるのである。夢が実現できる道筋ができている。その出発点が無料講座なのである。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?