秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

秋だ!肥料をやるなら今しかない!秋肥えは春より大事!

楽して儲かる農業みーつけた
 収穫後の秋肥えは非常に重要である。化成肥料はとてつもなく値上がりをしたので使いにくくなった。肥料コストを安くあげるためには自分で作る必要がある。自分で肥料を作るポイントは「酵素」である。家畜の糞でも醗酵させてガスとチッソを燃やしてしまうことが重要である。その後にぼかし肥料とまぜて再醗酵させる。その時の温度が60℃を超えないように工夫する。もちろん醗酵させた家畜糞を購入しても問題はない。完全に醗酵した家畜糞9に対して玄米アミノ酸ぼかし1、9対1の割合で再醗酵させる。

 再醗酵させて作った有機肥料を投入する量は10アールに1t程度が目安である。絶対にやってはいけないことがある。未醗酵の家畜肥料を10アールに5tも10tも入れることである。これは微生物のバランスを崩し土壌病害と害虫を培養しているみたいなことになる。百害あって一利なしである。

 今、肥料を入れておけば春には微生物のバランスがとれてフカフカの土になっていると思う。次の定植まで自然が働いてくれるのである。
楽して儲かる農業みーつけた

◎イチゴは、玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で根毛ができる!
 12月から翌春にかけてイチゴは一番の作物になる。色をつけたい、玉を大きくしたいと思っていることだろうと思う。そのための秘策は一つだけである。「光合成」である。
 イチゴの光合成をさせるためには葉肉がしっかりしていないとできない。しかも光は弱くなる。この時こそ玄米アミノ酸酵素液の葉面散布である。霧のかかる程度の量なら3日に一回でも大丈夫である。液肥の使いすぎにはくれぐれも注意が必要である。やるほどに根が疲れてきて、樹勢が弱くなり病気が出やすくなる。光合成が活発にできているとしたら根は自然に張っていくことを忘れないでほしい。
楽して儲かる農業みーつけた

◎りんごとみかんに玄米アミノ酸酵素液の葉面散布
 りんごとみかんは早生から晩生種になってくる。酸味も強くて、甘味も強い。悩むところは酸抜けである。酸が強いと甘味が出ない。この時に玄米アミノ酸酵素液の葉面散布をしてほしい。見事に酸抜けが良くなり、果肉がきめこまやかでジューシーになる。色も深い色になる。実は収穫後の果実にも散布効果があることを知ってほしい。つやも良くなり糖度も増す。
 水分活性と細胞活性を同時に行うことができる。しかも玄米アミノ酸は自然物である。問題は発生しない。冬に向かって日照が短く光が弱くなっていく時は非常に使い勝手のいいものであることを理解してほしいのである。

関連記事

  1. 猛暑に強い!玄米アミノ酸 米ぬかぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!
  2. 夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!
  3. 植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~
  4. 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法
  5. 玄米アミノ酸米ぬかぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!
  6. 最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」
  7. 育苗は根を作ることが最大の目的
  8. 冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!
  9. 冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!
  10. 冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!