米の無農薬有機栽培は昔に戻せばいいだけである!

米の無農薬有機栽培は昔に戻せばいいだけである!

いつもお世話になっております。
水稲の無農薬・有機栽培をやりたいと考えていますが、実際はどういうやり方をするのでしょうか。お教え下さい。面積は6畝です。
広島県 K様


水稲はもっとも有機無農薬栽培をしやすい作物です!
 わずか40年〜50年前までは水稲はすべて無農薬有機栽培でした。それが食糧大増産の掛け声とともに人口増大に対処しようとしたのです。化学肥料を使うと収量は倍になるということでした。そして50年経った今、米価は下がる一方、在庫は増える一方です。
 米の無農薬有機栽培は昔に戻せばいいだけです。野菜とは違い、病虫害で全滅ということはほぼありません。昔は牛や馬で稲田を深く耕し、クロ塗りをして高い土手を作り、モグラを防ぎ、深水が普通だったのです。そして、粗植も普通でした。
 そうすると、土の中に生息する小さな虫類や甲殻類が大発生して土を自然にやわらかくしてくれておいしいお米がとれたのです。
 水稲はもっとも無農薬有機栽培をしやすい作物です。
 稲の無農薬有機栽培は次の通りです。
(1)7月〜8月に玄米アミノ酸のぼかしを10アールで200?入れる。土にすき込みをする。
(2)緑肥をまく。メーカー表示の3倍の種をまく。麦でもいい。腰下まで成長したら深くすき込みをする。
(3)すき込みしたら、ぼかしを10アールに100?入れる。
この状態で翌年の春まで置く。
(4)育苗には玄米アミノ酸のぼかしと液体を使う。
(5)深水ができるようにクロを高くする。周囲を土で固める。モグラが入らないようにする。
(6)定植する。粗植する。密植はダメ。
(7)20?〜30?の深水をする。
(8)開花期に玄米アミノ酸の液体の葉面散布を3回する。
 10アール6俵前後は収穫できます。

関連記事

  1. 白菜も大根も大量のアブラムシにやられました!
  2. 青虫、ヨトウ虫、カブラハバチの発生で困っています!
  3. 土壌のPHは7!肥料不足のような状態です。今年と同じようにトマトの収穫を1.5倍にするには・・・
  4. 落花生が全滅!なぜでしょうか・・・?
  5. ネギの葉にしまりがなく出荷できなくなりました!病気なのでしょうか。
  6. 玄米アミノ酸のぼかしが大量に出来ると聞いてメリットを感じています。
  7. 高温で青枯れが発生!原因がよく分からない・・・
  8. ニーム酵素液は、露地栽培で害虫防除が本当に可能なのでしょうか。
  9. イチゴの高設栽培をしています。9月の定植までに注意することは何ですか?
  10. ミディトマトの循環式水耕栽培をしています。