レンタル農園からプロの「畑師」養成学校の設立

レンタル農園からプロの「畑師」養成学校の設立

玄米アミノ酸 レンタル農園で急成長している「(株)マイファーム」という会社がある。社長は27才の若者、西辻さんという方である。京都大学の農学部を卒業して友人と創業をした。


これが大人気になっている。現在、9都道府県に41ヶ所のマイファームを作っている。賃料は1平米5000円である。坪15000円だから、そんな高く借りてくれる人がいるなら私も貸したいと思うだろう。そこがむずかしいのである。まず立地条件である。都心から一時間を目安にしている。ほとんどが趣味の人だから2時間から3時間で帰ってしまう。しかも家族づれである。農具なんてまったく考えてもいない。だから農具はマイファームが準備して貸出しをする。本人が用意するのは軍手と長靴だけ。

 週に1回〜2回しか来ないわけだから、途中の管理は頼めばやってくれる。マイファームには管理人が必ずいる。それも、そのはずでマイファームは自分で農地を作るわけではない。地主さんと契約をして運営ノウハウを提供するのである。フランチャイズシステムによく似ている。地主さんは元農家のプロだからどんなアドバイスでもできるというわけである。

玄米アミノ酸 不思議なことであるが気軽に楽しみながら農作業をするとストレスが解消して楽しくて仕方がないというのである。本業となると儲からなくてストレスばかりなのに、同じ仕事でも気分が変わると別世界である。

 マイファームの栽培にはこだわりがある。有機栽培が原則になっている。食べた時のおいしさが作るエネルギーになることを考えているのである。

 西辻さんには大きな目的がある。プロの農家を育てる学校を作るというものである。定員は15名、学費は0円。それどころか収入を得ながら学べるというのである。独立する場合には農地から農機具まで手配をするというのである。まさに至れり尽せりである。しかも大規模ではない。少量多品種3000平米ぐらいを規準にしている。生産物は直売をして30軒の顧客を目標にするというものである。

 学校の名前はマイファームアカデミー。まったく新しいスタイルの農業支援企画といってもいいと思う。これなら優秀な人材が集まるのではないだろうか。

玄米アミノ酸 農業者を育てて、土地が余っている地方に派遣しようというのである。後継者を考えている方はマイファームに相談してみるのも方法だと思う。

マイファームがやっていることは一般企業がやることではないと思う。行政か農協がやるべきことである。しかし行政や農協からはまったく、そういうアイデアが出てこない。なぜだろうか。法律と仕組みで手足をしばられているのである。自由というのがなくなったら人間は努力をしなくなる。努力がなくなれば楽しいこともなくなる。マイファームはその盲点にピントを合わせたのである。

(株)マイファーム代表者 西辻一真
〒600-8107
京都市下京区五条通室町西入ル東錺屋町189番地
クマガイ五条ビル3F-301
TEL075-708-2105 FAX075-708-2109
http://www.myfarm.co.jp

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!