慣行農法はなぜ利益が出せないのか!タブーのテーマを掘り下げる!

慣行農法はなぜ利益が出せないのか!タブーのテーマを掘り下げる!

 慣行農法はなぜ利益が出ないのかをテーマにしたいと思う。このテーマは大変におもしろい。どこにでも見られる人間社会の裏側が見えてくるからである。
楽して儲かる農業みーつけた

 このことを理解してもらうのに、医療の話をするとよく理解できるようになる。医師はなぜ高い収入が得られるのか。それは特別な技術を持っているからと思うかもしれない。特別な技術は確かに持っている。しかし、それは病人を元気にするためのものではない。病害を取り除くためのものである。「え!病害を取り除いたら元気になるのでは…」いや、違う。病害を取り除くことと、元気になるのではまったく意味が違う。病害を取り除いたとしても、それは取り除いたにすぎない。

 元気になっていない。元気になるには自分で食事をコントロールして運動し、睡眠を十分に取り、酒・タバコなどの生活習慣をやめなくてはならない。これは医師の仕事ではない。関係することはまったくない。
楽して儲かる農業みーつけた

 病害を取り除いたら次はどうなるのか。また新しい病害が発生する。次々に繰り返される。また病院に来てくれる。患者が減ることは永遠にない。患者とはお客様のことである。それで医師は高収入が得られるのである。その目的を達成するために、次々に新しい薬と医療機械が開発される。どれもこれも高額なものばかりである。その薬と機械を使えば当然、高額医療になる。一回の手術で何百万円にもなる。そんなお金は出せないが、税金で負担してくれる。一見、安くなったように思う。しかし、税金はもともと自分のお金なのである。それがそのまま医師の収入になる。

 まとめてみよう。病人が元気になっては困るというタブーの考え方なのである。その中では病状は少しずつ悪くなってもらわないと困るのである。病気は再発して医療費は少しずつ大きくなってもらわないと困るのである。よくよく冷静になって考えてほしい。いずれ人間は100%死ぬのである。少し早いか遅いかだけの違いである。そこに高額な医療費をかけるなら別に使い途があろうと言うものである。
楽して儲かる農業みーつけた

 本当に少数だけれども、人間を元気にしたいと本気で思う医師はいる。ほとんどが個人病院である。患者は来ない、利益も出ない、手間はかかる。不思議なものである。

 オット!慣行農法の話でしたね。慣行農法でなぜ利益が出ないのか。いや、利益が出てもらっては困る人達がいるのである。
 医療の世界とよく似ている。病害は出ないと農薬は売れない。害虫もカビ病も大量に発生してくれないと困る。そのためには土が元気では困る。病害や虫害、雑草が出てくれないと困る。化学肥料や有機肥料は幸いにして次から次に問題を起こしてくれる。問題が出れば出るほど農業資材は売れるようになる。
楽して儲かる農業みーつけた

 農業機械や設備も同じである。農地の造成まで同じ仕組みである。丈夫で壊れにくい機械を作ってはいけない。見てくれが良くて、壊れやすく作らなくてはいけない。修理や買い替えが次々に出てくるようにしなくてはいけないのである。このように問題が次から次に出てくることで、大きな利益を得ている人達がいるのである。「それはひがみだよ。あまりにも裏側から見過ぎている…」

 裏側から見ているわけではない。医療の世界と同じように、大変少数だけれども生産者の利益を本気で考えている人達はいる。生産者の利益を本気で考えるほど既得権力は、それを押しつぶそうとしてくる。法律や官僚を動員して、なりふり構わずにやって来る。

 甘い汁がタップリと吸えるからである。人間は本当に弱いものである。一度、甘い汁を吸うと抜け出せなくなる。どんなことをしても維持しようとする。
楽して儲かる農業みーつけた

 慣行農法から抜けられずに苦しんでいる人達がたくさんいる。玄米アミノ酸微生物農法はやってみたいけれど恐いと思うのである。ここでも、よくよく考えてみてほしい。農業ぐらいリスクの少ない事業は他にない。持ち家がある。食べる物は自分の畑で取れる、税金は少ない、こんな事業は他にあるだろうか。

 生活していく心配がないのである。それなら冒険はできる。しかもである。玄米アミノ酸微生物農法をやったからといって問題が次々に出てくるわけではない。逆である。問題は少しずつ消えていく。普通に考えて、やらない方が変である。それでも慣行農法は捨てない。大事にされる。なぜなのだろうか。

 もう少し人間の心の奥底に入っていかないと分からないことがある。「もし仲間外れにされたらどうなるだろうか…」という不安を消すことができないのである。病院でもそうである。元気になりたいというと、それなら病院に来るなと追い返されてしまう。手術はしたくない、薬は飲みたくないと言ったら医師は本気で怒る。脅される。もう面倒を見ないと言われる。心配になる。医師の言う通りに従うことになる。
楽して儲かる農業みーつけた

 健康になる方法はいくらでもあって、自分の力で元気になれるのにやらない。農業でも同じなのである。慣行農法に頼らずにやる方法はたくさんある。でも農協の指導の通りやらないと、買わないと言われる。売れるだろうかと心配になる。結局、言うがままになる。これでは利益など取れるはずがないのである。慣行農法はなぜ利益を出せないのか。少しご理解いただけたでしょうか。利益を得るには勇気を持って挑戦していくしかないのである。それが難しいのである。

関連記事

  1. 来月から「ニュースレター」が大幅に刷新になります!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法の目的は「最初から栽培トラブルが発生しない」ことである!
  3. 究極の雑草対策は雑草が出ないようにすること!「え!除草剤も使わずにできるの・・・」
  4. 雑草はどうすれば少なくできるのか!雑草を減らして現金収入を増やす方法!
  5. 野菜の高値には明確な原因がある! 豊作貧乏は過去の話になった・・・?
  6. 〈特集〉生産物の販売 売り先を見つけるには「野菜の目利き」をまず探せ!
  7. シリーズ 土の性質9 「タバコ」を栽培して作った後の土壌は何を栽培しても育たない!え!どうして・・・?
  8. 経済は大減速に向かう!温暖化は激しくなる!野菜は恒常的に高値になる!これは最大のチャンスになる!
  9. シリーズ 過剰害チッソ② 農業が重労働だと言われる原因と利益が出ない原因はチッソ過剰害にある!
  10. シリーズ過剰害チッソ① チッソが悪魔に変身する瞬間がある!チッソ酸化物の恐ろしさを知れば農業は変わる!