関税の自由化撤廃で農業も人も大きく変化する!

関税の自由化撤廃で農業も人も大きく変化する!

玄米アミノ酸 FTA・TPP・EPA。何の略称か分かるだろうか。関税自由化の貿易協定のことである。国同士が互いの経済を発展させるために関税を自由化しようとする約束事である。


 関税はもちろん国民を守るための重要な法律だった。ところが関税があることで自由な商品流通に支障が出るようになってしまった。関税がない方が生活に便利で経済は発展すると考える国が多くなってきたのである。関税は主に輸入するものにかけられるから、輸出する方ではそれだけコストを減らすことができるようになる。

 「それは何となく聞いたことがあるような気がする。でも農業と何の関係があるの…」
 関係があるどころではない。関税の自由化は工業製品だけでなく、もちろん農業製品も同じである。輸出をするのに関税はかからないわけだから、外国からは安い農産物がドッと入ってくるということなのである。現在は生産者の立場を守るために農産物には税金をかけて価格を調整している。生産者を保護しているわけである。

玄米アミノ酸 世界的に見ると自由貿易の協定は超高速で進んでいる。韓国はEUとも協定を結んだ。関税がなくなるのである。輸出するには大変に有利になる。関税のある日本は競争に負ける確率が高くなる。負けないとしても利益を失うことは確実である。長期的に見れば確実に競争力は弱くなる。

 日本は農業で生活をしているわけではない。国を支えているのは工業である。いずれ自由化をする。時間の問題である。アジアでは2020年までに自由化になるのは既に決定している。これが世界に広がるのである。

 関税の自由化はもの凄い変化を引き起こすことになる。戦争をしたと同じくらいの変化が起こると考えてほしい。物の世界では国境がなくなるのである。自由に世界中の物が売買できるようになる。そうすると物についている人も世界中に移動するようになる。物の世界に国境がなくなると次は人の世界にも国境がなくなる。日本人とかアメリカ人とか中国人とか、民族の集まりがこわれていく。すぐにではないが、この傾向は止められない。

玄米アミノ酸 その出発点が関税なのである。世界に流通するわけだから品質についてはもの凄く厳しくなる。

 今まで農協に出荷するのとわけが違うようになる。悪くても買ってくれるということがなくなる。考えられない大変化の時代が今そこまで来ているのである。その変化の時代を生き抜くために必要なことは難しくない。安心・安全は当たり前。みなが喜ぶおいしい作物を作っていれば変化に対応できるのである。これからはますます量ではなく質の時代である。ようやく玄米アミノ酸が必要とされる時代がきたのである。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!