育苗は根を作ることが最大の目的

育苗は根を作ることが最大の目的

 育苗で育てるのは茎ではない。根を育てるのである。「根毛が成長するにはどうすればいいか」だけに集中する。茎を育てたら、それだけ徒長しやすくなる。資材置場で育苗するなど以ての外である。通気性、日当たり、湿度、温度など環境を整えることに配慮してほしい。育苗は最高の場所選びが大切なのである。
楽して儲かる農業みーつけた

①育苗土
 購入する場合も自分で作る場合もポイントは汚染されていない微生物の豊かな土である。育苗土は耕作土と違い少量で済む。お金と手間をかけたとしても知れている。とにかくここだけはケチケチせずにお金をかける。

◎腐葉土などを購入して育苗する場合
 有機育苗土に共通することだが、この土はそのまま使用せず玄米アミノ酸米ぬかぼかしを5%入れて再活性する必要がある。その理由は思いもかけない悪玉菌が残っている可能性があるからである。これがストレスになって根の成長が悪くなる。玄米アミノ酸の米ぬかぼかしで土のバランスを整える。
楽して儲かる農業みーつけた

◎微生物の棲処(すみか)を作る
 微生物は酸素が大好物である。天然ミネラル鉱石やゼオライトなどの鉱物等を1%育苗土にまぜる。そうすると土の中に酸素を蓄えるところができ、微生物は繁殖しやすくなる。
楽して儲かる農業みーつけた

◎玄米アミノ酸粒体をそのまま使う
 ぼかしとは違い粒体には熱がない。ぼかしは2週間ほど養生する必要があるが、それも必要がない。手軽で便利なのである。育苗土に1%の粒体だから資金的な負担も少ない。非常に使い勝手がいいと思う。オススメである。ポット育苗の場合も下半分の土にまぜておくという方法も取ることができる。
楽して儲かる農業みーつけた

②苗についての注意
 苗は購入する場合が多いと思う。とにかく根に集中してほしい。茎の見てくれは二の次である。根がしっかり張っているかどうか確認する。これをやる人は非常に少ない。根が張っていなかったら、微量ミネラルなども検討して、もう一度根を作り直す必要がある。

③種について
楽して儲かる農業みーつけた
 玄米アミノ酸酵素液を是非活用してほしい。1000倍のアミノ酸液に浸すのである。発芽率が全く違ってくる。もちろん芽が出てからの勢いも違ってくる。細胞の分裂がそれだけ活発になるからである。(「楽して儲かる農業み~つけた」小冊子p24~p26参照)

④水かけは細霧ノズルで育苗の水かけは細霧で行う。粗い目で水をやっても苗に元気は出ない。

関連記事

  1. 猛暑に強い!玄米アミノ酸 米ぬかぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!
  2. 夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!
  3. 植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~
  4. 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法
  5. 玄米アミノ酸米ぬかぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!
  6. 最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」
  7. 育苗は根を作ることが最大の目的
  8. 冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!
  9. 冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!
  10. 冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!