黒澤雄一さん、秘伝枝豆

黒澤雄一さん、秘伝枝豆

色と香りがすばらしい!絶品の枝豆でした
農業レター(黒澤さんの枝豆
いや~すばらしい色ですね。枝豆は色がよくないと価値がない。でも色を出すって難しいですよね。乳酸菌もみがらぼかしと玄米アミノ酸酵素液を使われたと聞いています。その効果があったのでしょうね。
 食べてみても香りがあって、とってもおいしいものでした。この香りというのも大切ですよね。夏場は枝豆をたくさん食べますが香りのいいものは少ないですね。香りというのは植物の生命力です。どれだけ順調に育ったかという証明でもあります。ストレスを感じたものは香りがない、生命力も栄養も少ないということです。香りがあるものはコクがあって、旨味がある。また食べたいという気持ちになるのです。それが食味なのです。

 人間の感性というのは凄いものだと思います。黒澤さんの枝豆は一級品で、また食べたくなる味です。その味はいつまでも記憶されますよね。必ずファンがつくことでしょう。とてもおいしい枝豆をありがとうございました。

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  3. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  4. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  5. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  6. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  7. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  8. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  9. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  10. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!