シャキシャキした食感が抜群でした!

シャキシャキした食感が抜群でした!

20150819155207 きゅうりをごちそう様でした。とてもおいしくいただきました。皮もやわらかく、果肉もしっかりしていると感じました。ウリ科の作物は葉を大きく広げるのが特徴です。根も大切なのですが、ウリ科はそれ以上に葉が大切です。葉で栄養を合成するからです。葉は大きくないこと、肉厚であること、色が淡いこと、産毛が立っていること、葉脈がくっきりしていること、節間が均一であること、茎が太いこと、これぐらいをチェックしていけば、質のいいきゅうりが収穫できると思います。

 果菜類ですから、収穫する期間が長いですよね。花芽の分化というのが大切になります。花芽というのはチッソが多すぎると出てこなくなる。これは多くの方が勘違いをしています。チッソは多い方が花芽も出ると考えているのです。チッソは樹や葉を大きくすることには役に立つけれども、花芽は少なくなります。花にならずに葉になってしまうのです。それに硝酸態チッソが残留するので苦味も出ます。この点、宮本さんのきゅうりは合格です。バランスが良くて新鮮なものでした。もみがらぼかしを使って栽培すると、多くの問題が解決しますよね。さらに質の良いきゅうりが収穫できるようになるでしょう。とても楽しみにしています。味は抜群でした!

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  3. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  4. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  5. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  6. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  7. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  8. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  9. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  10. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!