野菜は味の違いが大きく出る作物!違いのわかる所へ売れば高く売れる!

野菜は味の違いが大きく出る作物!違いのわかる所へ売れば高く売れる!

玄米アミノ酸 生産者が大きく誤解していることがある。それは「味」である。「そんなの人によって違うと思うよ。あてにならないよ…」と多くの生産者は考えている。質より量だ。だから化成も畜糞もドンドン入れて収量を上げるんだという人が多いのである。

 時代が変化したということもあるけれども、食べればいい時代ではなくなったのである。日本人の味覚は経済力にものを言わせて世界中から食材を集めて食べている。世界一のグルメ大国なのである。その日本で質より量と言っている生産者は利益を上げることはできるはずがない。もともと酸性土壌と中山間地で量が期待できないのが日本の農地である。量を誉めるやり方には最初から無理がある。

 日本人は世界一、味覚に敏感である。旨いものを作れば高くても売れる。旨いものを食べたいと思っている。旨いものとは、味の良いもののことである。アミノ酸バランスが良い、成分が片寄っていない、たんぱく質が多いもの、澱粉質の多いものである。これが旨いというものである。

玄米アミノ酸 「野菜なんて、そこまで考えていないよ」と思っているでしょう。野菜こそ、食べ物の中で一番、味の違いが出るものなのである。ここを誤解しているのだ。肉や魚はそれほど味に違いはない。特に肉は味をつけてしまえば和牛だろうとアメリカ産だろうとオーストラリア産だろうと違いはない。牛肉と豚肉の違いすらわからなくなる。違いが出るのはサッと味付をして食べる、すきやきやしゃぶしゃぶだけである。

 野菜は違う。ジャガ芋、カボチャ、里芋、葉物、キュウリ、トマト、ナスの果菜は大きく味の違いが出る。キュウリやナスは皮の硬いものは間違いなく化成肥料で作っている。味もよくなく食べたくない。ピーマンはもっと違う。青臭くて生臭いものが多い。これも化成で作っている。甘くてフルーツのようなピーマンだったら子供でも喜んで食べる。

玄米アミノ酸 「そんな違いのあるものを作ったって、生産者にはメリットがない…」それは味の違いがわかる人に売っていないからである。売り先を選ばなければごった煮になってしまうのは当然である。「ウチの野菜は旨い」とはっきり声に出して言わないと誰も認めない。作ったら農協へ持って行くのではない。農協なんて質はどうでもいいと思っている売り先である。これではダメなのである。少なくとも産直市場は品質が評価される売り先の一つではあると思う。

 外食でも、惣菜でも、スーパーでも求められているものは旨い野菜なのである。これは売り物になるとバイヤーは肌で知っている。直接、売り込みををすればいいだけである。これを知らないのが生産者である。今までやってきたからと新しい所を探そうとしない。それではいつまでも利益の出ないままである。旨い野菜を作ったら高く買ってくれる所を探して売る。これはむずかしいことなのだろうか。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!