温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

温暖化を逆利用して土壌の微生物性を高めよう!

◎秋・冬作には玄米アミノ酸もみがらぼかし300kg
 秋・冬作の育苗期から定植期である。暖房代の節約には玄米アミノ酸ぼかしを活用してほしいと思う。
 幸いにも9月は温暖化による気候変動でまだ夏の温度である。ぼかしも作りやすい。微生物も繁殖しやすい。暖房代の節約を考えるなら10アールに300kgの玄米アミノ酸もみがらぼかしを使ってみよう。
 施設栽培でもマルチはできるだけ使わないようにしよう。微生物を活用した場合はマルチをしない方が酸素も吸収できてエネルギー効率は上昇する。
楽して儲かる農業みーつけた
◎イチゴの定植には株元に玄米アミノ酸粒体(粉体)の活用!
 イチゴは根の張りが良く光合成が活発であれば、実が大きくなり糖度ものる。そのためにはイチゴの植穴に一握りずつ玄米アミノ酸粒体(粉体)そのものを(ぼかしではない)入れることをすすめたいと思う。根の張りが非常に良くなる。地上部の茎と葉は玄米アミノ酸酵素液の葉面散布である。花芽の数が20%~30%増える。着果率も良くなる。糖度ものる。

◎果樹は玄米アミノ酸酵素液の単体による葉面散布
 果樹は北関東から東北にかけて大粒種のぶどうが最盛期になる。甘柿、渋柿も出荷が始まる。りんごもみかんも早生が出回る時期である。
 果樹は玄米アミノ酸酵素液の葉面散布だけで相当の効果が出る。消毒液と併用している方が多いと思うけれど、この時期は玄米アミノ酸酵素液単体で使用してほしい。ぶどう・りんご・みかんなど酸味のあるものは酸抜けが非常に良くなる。玉張りやつやも良くなる。糖度がのる。これは酸味が玄米アミノ酸の力で甘味に変化するからである。樹勢も弱らない。

 果実は収穫直前になると打つ手がなくなるが玄米アミノ酸酵素液だけは収穫直前に使っても効果が出るのである。是非玄米アミノ酸酵素液の単体使用を試してほしいものである。
 玄米アミノ酸酵素液の単体使用は光合成も期待できる。葉が元気になって光合成が活発になれば、栄養を作ることができ糖に還元できる。糖度が増すことになる。
楽して儲かる農業みーつけた
◎ぼかし作りは農業の大切な基本
 ニュースレターの読者の中には、ぼかし作りの経験のある人が多いと思う。これは農業の大切な基本だから是非覚えてほしいのである。
 ぼかしの作り方を覚えればいろいろなものに応用することができる。すべての有機物は醗酵という過程を経てアミノ酸やビタミン、ミネラルが利用できるようになるからである。使われていない有機物は近くに山ほどある。家庭の生ゴミもそうである。食品会社から出る生ゴミもそうである。醗酵させればすべて肥料になる。魚の残渣、肉の残渣も出る。豊富な栄養を持っている。これも活用できる。もちろんコストの問題はある。基本は醗酵させる技術であることを忘れないでほしいのである。

関連記事

  1. 猛暑に強い!玄米アミノ酸 米ぬかぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!
  2. 夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!
  3. 植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~
  4. 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法
  5. 玄米アミノ酸米ぬかぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!
  6. 最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」
  7. 育苗は根を作ることが最大の目的
  8. 冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!
  9. 冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!
  10. 冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!