施肥を間違うと、せっかくの肥料も有効に生かせない。

施肥を間違うと、せっかくの肥料も有効に生かせない。

施肥を間違うと、せっかくの肥料も有効に生かせない。


肥料は生産する為にもっと重要なポイントである。施肥を間違うと、せっかくの玄米アミノ酸も有効に生かせない。
?春夏秋冬の施肥ポイントはしっかりとつかんでいるか。
 春肥・夏肥・秋肥・冬肥では肥料のやり方が違う。気候条件が遣うからである。収穫後の秋肥は有機物を多く入れてもいい。冬肥は温度が下がるので地温を上げるボカシが中心、春肥は慎重に少なめ、夏肥は有機物が分解しやすいので少なめに回数を多くする。
?肥料の投入時期
肥料の投入時期を間違うと収穫できるものもできなくなる。
☆ホウレン草、小松菜、チンゲン莱などの蔬菜類は最初の肥料で決まる。最初に成長のリズムがいいとそのまま収穫まで持続できる。
☆果菜類(トマト、ナス、キューリ)は最初は少なく肥料をやる。肥料が多いと花芽が止まらなくなる。肥料は収穫が始まった後に追肥でやる。長期間、収穫するイチゴ、ゴーヤなども同じである。
このように作物によって肥料の投入時期を考えているかどうか。
?肥料の投入量
チッソ、リン酸、カリの成分は10アール各3kgもあれば充分である。多く入れるとチッソ分が腐敗して病害虫の原因になる。有機肥料の投入は?に書いたように四季の区別をはっきりさせて、投入する。
?肥料の質
肥料の質は微生物の醗酵資材がもっともいい肥料である。牛ふん、鶏ふん、豚ぷんはできるだけ避けた方がいい。どうしても使いたい場合は「完全発酵した良質のものを玄米アミノ酸で再度ぼかしにして使う。」

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?