6月に旬の「デコポン」の味覚に触れて驚き!

6月に旬の「デコポン」の味覚に触れて驚き!

表4デコポン感想明
 6月になってデコポンをいただきました。「え!まだあるの…」正直に驚きました。皮が薄くて果肉がしっかりとしまっています。肌もとてもきれいでした。この時期のデコポンとはとても思えませんでした。

 デコポンは早ければ1月末ぐらいから出てくるものです。酸抜きをするために、収穫はそれよりも前になります。4月になるとほとんど見なくなります。それが6月に送られてきた時には、本当にびっくりでした。食べてみると、ジューシーで鮮度が良くて、とてもおいしい!さすが大村さんの栽培されたものだと感心しました。肌がきれいなのも驚きです。樹についている時間が長いほど、雨風に当たり、色は黒ずむはずなのです。また長期保存をしたとしても、肌色は悪くなります。商品価値が下がるということですよね。それが、まったくないのです。大村さんはアミノ酸の効果と言ってくれますが、それだけではないでしょう。しっかりと手間をかけた結果ですよね。何をしてもそうなのですが、収穫物というのは、作る人が出ますよね。これで素晴らしいものが出来ているというのは、大村さんがそれだけ熱心に心を込めたということです。その心に触れていただくと、さらに旨味が増す気がします。

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  3. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  4. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  5. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  6. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  7. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  8. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  9. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  10. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!