夏の暑さは昨年以上!野菜は高騰!家庭菜園で家計を助ける!

夏の暑さは昨年以上!野菜は高騰!家庭菜園で家計を助ける!

玄米アミノ酸  今年の夏は昨年以上に野菜が高騰することを覚悟しなくてはいけない。昨年の夏もそうだったように、8月に品薄になる。野菜の価格は高騰するだろう。高騰する理由は他にもある。大震災で失われた作地はなんと2万ヘクタールである。


その面積は想像もできない。たった一町歩でも広いと感じるのに2万町歩である。稲もできなければ野菜も植えられない。塩害で育たないのである。

 「そんなの問題ないよ…外国からいつもの通り輸入すれば…」そうはいかない。世界的にも食糧不足なのである。その理由は経済の発展である。人口の増加である。お金があれば買える時代ではすでになくなっているのである。

 足を引っ張る理由は他にもある。日本人の潔癖症である。贅沢病である。これも、そんなに簡単に変わるものではない。どれもこれも嫌だという人は自分で作る以外にはない。今までの家庭菜園は趣味だった。ストレスの解消だった。単なる楽しみだった。それが生きていくために不可欠のものになっていくと予想をする。価格の高騰にしても、安心・安全という観点からも、おいしいものを食べたいという欲求からも、それを満たせるものは自分で作る家庭菜園しかない。

玄米アミノ酸 「野菜が高くなる。米がなくなるといっても一時的でしょう」一時的なら、こんな記事は書いていない。毎年、品不足は大変になり深刻になっていく。塩害は簡単に解決しない。客土をするか、洗うしかない。それでも問題が残る。

 もちろん微生物による分解という方法はある。多くの方が、そこに気がついてくれればいいのだが…。塩害の回復には時間がかかる。放射線の土壌汚染はもっと時間がかかる。毎年、夏は異常高温になる。世界の人口はもっと増える。食糧が安くなる条件はどこにもない。

 生きるために家庭菜園が必要だとしたら、根本から考えを改めなくてはいけない。自分の好きな物よりは必要なものである。限られた畑はどのように有効に生かせばいいのか。植え付けする作物も計画的にやる必要がある。さらに、おいしいものを作るための学習も必要になってくる。でも家族で食べる野菜を補うことができれば家計費は全く違ってくるはずである。年間で数十万円は違ってくる。これは馬鹿にできない。

玄米アミノ酸 家庭菜園といえども農業技術に詳しくなってほしいのである。と言っても大規模生産者とはわけが違う。家庭菜園は均一なものを作る必要がない。不揃いでも充分である。少しの虫食いも気にならない。おいしいが第一である。そうだとしたら、微生物農法である。これが一番簡単なのである。化学肥料でも有機肥料でもない。微生物肥料である。素人がプロ並に作れる最高の資材なのである。しかも夏の暑さには最も強いのである。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?