ぼかし作りが上手にできれば肥料代も農薬代も除草剤も害虫も大幅に減らせる!

ぼかし作りが上手にできれば肥料代も農薬代も除草剤も害虫も大幅に減らせる!

玄米アミノ酸 長い間、「ぼかし」については作り方を教えてきた。ぼかしとはどういう効果があるのか本当に理解ができているだろうか。質の良いぼかしができるということは、
(1) 肥料が少なくて済む
(2) 雑草が出ない
(3) 病虫害が予防できる
(4) 質の良い作物が収穫できる


(5) 収量がアップする
(6) 土壌の改良になる
(7) コストが大幅に減らせる

 これだけの効果が期待できる。

 何度も何度も練習して良いぼかしが作れるようになるということは、仕事の半分が終わったようなものである。ぼかしは、化成肥料や有機肥料とも違う。「微生物肥料」なのである。そして微生物肥料こそ、最も害が少なく高い効果が期待できる肥料である。

 しかも、毎年投入すればするほど良くなる。化成や有機はこの逆である。投入すればするほど問題が出てくる。

玄米アミノ酸 冬場は少し時間がある。この時に練習を重ねるのである。「使う目的もないのに作るのかよ…」雪が降ったら使えないと思うのは間違いである。雪の上に播いておけばいい。それには理由がある。深山に大雪が降っても微生物は死滅しない。雪が解けてから動き出し、根を養うのである。

 冬場のぼかしを作るポイントは4つである。
(a) 外気が寒いので、できるだけ暖を取れる場所を選ぶ
(b) 量を多めに作る
(c) 空気の層を作る
(d) 若干、アルカリにする  の4つである。
(a) 暖を取れる所というのは寒風にさらされず、陽当たりが良いハウスの中などが適地である。冬場に使用しないパイプハウスなどが良いと思う。地面は土が良い。コンクリートは避けた方がいいと思う。

(b) 量は多めに作る。量が少ないと熱は出にくい。米ぬかなら最低でも60kgぐらい。乳酸菌もみがらぼかしなら1tぐらいである。

(c) 空気の層を作る。切り返しを多めにする。冬は乾燥するので、切り返しをした時に水分量を手で触れて、少なければ加えて補う。

(d) 若干、アルカリにする。これは大きなポイントである。酸性だと熱は上がりにくい。ぼかしにする材料は酸性のものが多い。そこでペーハーを少しアルカリにする。消石灰を入れる。全体量の0.5%までなら問題がない。化成肥料を多く使った酸性土壌は冷たくて、温度が上がらない理由と同じである。

玄米アミノ酸 米ぬかぼかしと乳酸菌もみがらぼかしとでは作り方が少し違う。けれども基本は同じである。ぼかしの温度である。55度前後で推移するものが一番質が良い。70度になると少し高い。40度では低すぎる。70度では有効菌まで死んでしまう。40度では雑菌が増えてしまう。55度〜65度ぐらいをいったりきたりするのがベストである。

 菌は有機物を食べ尽くすと自然に休眠に入り温度が下がってくる。そこまでじっくり待って、良いぼかしを作り上げることを覚えるのである。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?