イチゴの高設栽培をしています。9月の定植までに注意することは何ですか?

イチゴの高設栽培をしています。9月の定植までに注意することは何ですか?

楽して儲かる農業みーつけた
イチゴの高設栽培をしています。
太陽熱消毒をせずにみどりの放線菌で代替しています。
9月の定植までに注意することは何ですか?

 シーズンオフ中の土作りの注意点を教えてください。以下のように作業を進めました。5月に栽培終了し、クラウンから上部を抜き取り、6月に米ぬかぼかしを100㎏まき、高設用耕耘機で耕耘した後、みどりの放線菌200gを使って2回、点滴チユーブで散布しました。毎日5分潅水し、地表は乾燥していますが、地表から下は湿っているところがあります。
 土への酸素補給を目的に、月1回の耕耘は必要でしょうか?

千葉県 S様より

楽して儲かる農業みーつけた
月に一回耕耘する必要はありません。
酸素は微生物が作り出してくれます!

 9月までに注意をすることはありません。水の与え方は表面の土が湿る程度に与えてください。過乾燥しないようにする程度です。3000倍希釈の玄米アミノ酸酵素液がおすすめです。微生物がさらに増えます。酸素は、微生物が空間を作り出してくれます。

追伸:お便りをいただいた時は7月でした。今は12月ですので収穫間近になっていると思います。高設イチゴは特に冠水に注意してください。水分が多すぎると夜冷えて根の張りが弱くなり、うどん粉病の原因にもなります。冠水を減らす分、葉面散布を多くしてください。その方がすべてにうまくいきます。

関連記事

  1. 白菜も大根も大量のアブラムシにやられました!
  2. 青虫、ヨトウ虫、カブラハバチの発生で困っています!
  3. 土壌のPHは7!肥料不足のような状態です。今年と同じようにトマトの収穫を1.5倍にするには・・・
  4. 落花生が全滅!なぜでしょうか・・・?
  5. ネギの葉にしまりがなく出荷できなくなりました!病気なのでしょうか。
  6. 玄米アミノ酸のぼかしが大量に出来ると聞いてメリットを感じています。
  7. 高温で青枯れが発生!原因がよく分からない・・・
  8. ニーム酵素液は、露地栽培で害虫防除が本当に可能なのでしょうか。
  9. ミディトマトの循環式水耕栽培をしています。
  10. 葉が大きくならずに変色!葉の裏に白い斑点が出来、花芽の育ちも悪い!