ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。

ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。

楽して儲かる農業みーつけた
 明けましておめでとうございます。2016年が幕を明けました。昨年6月の地球の平均気温が0.88度上昇しました。有史以来の最高気温だそうです。氷河も溶けて海水の塩分も薄くなっています。海水は27℃で安定していますが、これが1度上昇するだけで、サンゴ虫が大量に死滅し漁業に大きな影響が出ると言われています。8億人の食糧が失われるそうです。 

 これは漁業に限りません。穀物でも野菜でも異常気象は深刻な打撃が出ます。栽培がそれだけ困難なものになるということです。収穫の総量が減少すれば自然に価格は高騰します。今年も安値になることはないでしょう。それは総体的な収穫量が減るからです。もちろん品質も低下します。品物が悪くて価格が高いという不作の状態になるのです。 

 この時に品質が良くて収穫量があったらどうなるでしょうか。自然に高収入になっていきます。玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが昨年証明されました。今年のテーマは「高収入」です。是非、これを実現したいのです。温暖化はさらに激しくなり最高気温も世界の各地で更新されることでしょう。温暖化が進行することでどんな影響が出てくるのか。誰も具体的に経験した方はいないのです。何が起こるのか、予測はあっても現実的な体験はないのです。想像以上かもしれません。玄米アミノ酸微生物農法が異常気象に強いと言っても油断は許されないのです。気を引き締めて事にあたらねばなりません。また周囲に困っている方も数多く出てくるでしょう。助けを求めてきたら助けなくてはいけません。人間は社会の中で生きているわけですから、自分だけ幸福というのはあり得ないのです。社会が豊かになって自分も幸福になれるのです。世界の政治も経済も、混乱の具合が激しくなると思います。貧富の差が大きくなっているからです。

 農業が持つ社会的な役割は小さいものではありません。とても大切な仕事です。それが多くの方に理解されるように今年もお手伝いをしていきたいと考えています。 

 あなた様の今年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。輝かしい一年になりますことを祈願しております。お体を大切にしてください。

静岡農業技術支援協同組合 代表理事 神保 信一

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  3. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  4. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  5. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  6. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  7. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  8. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  9. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!
  10. 6月に旬の「デコポン」の味覚に触れて驚き!