農業の仕事を手伝ってくれる組織がある!「WWOOF」を活用してみよう!

農業の仕事を手伝ってくれる組織がある!「WWOOF」を活用してみよう!

玄米アミノ酸 「WWOOF」ウーフと読む。何のことだかわかるでしょうか。農業体験学習をする事務局のことである。宿泊代も食事代も無料。宿泊代と食事代は生産者が負担をすることになっている。その代り農業の手伝いをする。畑の手伝いだけではない。


食事を作ったり、掃除したり、風呂を沸かす仕事まである。生産者のことをウーフと呼ぶ。お手伝いをしてくれる人をウーファーと呼ぶ。

 どんな人が参加をするのかというと、親子、学生、農業就業希望者や週末の楽しみで参加する人など様々である。

 食事は自家生産した新鮮なものばかりである。農家だから昔からの郷土料理がほとんどである。これがうれしいことである。

 参加する人のメリットは大きい。普段食べたことがない昔ながらの家庭料理が食べられる。大家族で心温まる触れ合いができる。自然と親しめる。農業体験が味わえる。これが無料になるのだからうれしい限りである。

 受け入れる側にも大きなメリットがある。ウーファーと呼ばれる農業体験者に手伝ってもらえる。農家の仕事は思っている以上に忙しい。特に主婦には想像以上に負担がある。それが手伝ってもらえる。一緒に寝泊まりをするので家族同然の付き合いになる。また出掛けて来てくれる。泊めるといっても農家なのでもともと家は広い。食事といっても普段より少し多めに作るだけでいい。それほど負担はないのである。もちろん、1泊ではなく10泊もあれば20泊もある。

 仕事も生産者の都合でなんでも頼んでいい。これは今までになかったシステムである。夏になると予約でいっぱいになるというのである。ウーファーは仕事の体験ができ、ボランティアができ、自分の成長になる。人とのコミュニケーションも学習になる。

 参加したウーファーは帰る時には、必ず感謝を口にして自分の時間を少し割いて人のために使いたいと思うようになるそうである。

玄米アミノ酸 WWOOFの仕組みについてはホームページをご紹介するので詳しく調べ検討してほしいと思う。一般の方の農業体験ツアーを生産者の方に利用してほしいと思うのである。その理由は生きた情報の収集である。

 時代はめまぐるしく変化している。どう変化しているのかを知る一番の方法は人との触れ合いである。人と触れ合うことで変化を肌で感じることができるようになる。畑で仕事をしているだけではわからないことがわかるようになる。友人もできる。後継者が欲しいと思っている方は出会いがあるかもしれない。WWOOFはいろいろな可能性を秘めているのである。そして何よりも出会いが楽しい。。WWOOFのシステムを利用することで、いろいろな発見があるような気がする。お問い合わせはこちらまで…。
WWOOFジャパン
http://www.wwoofjapan.com/main/

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!