施設栽培で利益が出にくい原因は小道具の使い方と管理にあった!

施設栽培で利益が出にくい原因は小道具の使い方と管理にあった!

玄米アミノ酸 施設栽培の難しさがどこにあるか知っているだろう。いわゆるハウス栽培といわれている方法である。路地栽培とハウス栽培では使う道具がまったく異なる。その理由は簡単である。ハウスは面積が小さい。大型の機械は使えない。この2点である。ハウス栽培で道具を使いこなせている人は極めて少ない。


道具の意味すらわからないからである。案内をしてくれる人もいない。参考書もない。業者だけが頼りである。その業者も現場のことはよく知らない。その結果、ハウス栽培資材で大損をしていることになるのである。これが上達するかというと、上達しないまま時間だけが過ぎていく場合が多いのである。小道具の使い方はハウス栽培の命運を握っているといっても過言ではないくらいに重要である。

(1)際を決める剣スコップ
 ハウスは四隅と建物の境目をしっかり掘ることが重要である。排水に大きな差が出てくる。排水が良ければ病虫害は少なくなる。

(2)反転鍬で荒起こし
 ハウスの中は狭い。ロータリー耕しか入れない。作土層はどうしても浅くなる。そこで反転鍬である。深く荒く掘り起こせる。土起こしをしたら乳酸菌もみがらぼかしを入れておく。土が団粒構造になってフワフワになる。

(3)草削りにも使える「草削りホー」
 ホーにはいろいろな用途がある。草削りだけではない。土を仕上げる。不充分なところをならす。水かけ後をならす。特に先が輪になって刃がついているものがおすすめである。土を簡単に切ることができる。

玄米アミノ酸(4)建物の出入口のレールを修理する
 ハウスには出入口がある。どこの戸にも土がついてガタガタとしている。これはロスが大きい。暖房ロス、出入りする時のエネルギーロスである。戸を垂直にして角度を出しレールの土はきれいにする。出入りする時にも気持ちが良くなる。

(5)雨樋不良は病気のもと
 ハウスに雨樋がついている。しかし雨樋を整理して雨水が流れるようにしている所は少ない。雨水があふれ出て、ハウスの中に入る。ハウスの周囲に雨水が溢れると病気の原因になる。雨樋のジョイント部分は修理して、常に雨水が排水できるように工夫するのが大切である。

(6)内張りのカーテンの劣化
 外のビニールやガラスには気を使うが、内張りカーテンは劣化したままになっている場合が多い。暖房ロスも多く採光、遮光も上手くいかなくなる。

玄米アミノ酸(7)古い計量器は新しくする
 計量器はとても大切な道具である。これが狂っているとすべてが狂う。薬害の原因にもなる。古い物は捨てて新しくする。計量カップも同じである。

(8)鉢物は洗浄して整理
 鉢は繰り返し使う物である。洗浄しないと病気の原因になる。きれいにして整理しておくと繰り返し使える回数が違ってくる。

(9)育苗棚は常に清潔が基本
 育苗棚をそのままずっと置いておくと青粉が吹いたりする。病虫害の原因になる。清潔が基本である。苗が病気では育つわけがない。

玄米アミノ酸(10)灌水ホースは乾燥させて使う
 ビニールホースの中に藻がついている場合がある。藻はノズルに詰まる。ボタ落ちする。均一に水がかからない。これを防ぐには乾燥させることである。そのためにスペアを用意して交互に使う。

(11)灌水フィルターはまめに掃除をする
 灌水フィルターを掃除しないと流量が一定しなくなる。安いものほど目詰まりしやすい。まめに掃除をするか早めに交換をする。灌水量が一定するかどうかは収量に決定的な差が出てくる。

(12)灌水機械は水で故障しやすい
 水と電気は犬猿である。電気に水は大敵。灌水機械は水から守る工夫と早めの修理が必要である。

(13)被覆資材巻取り機の使い方
 ハウスではいろいろなマルチを使うことが多い。被覆を巻取りしたら、再度使ったりする。その時にほこりが、かぶらないようにすることが大切である。ほこりは病気を媒介するからである。

(14)パイプの抜き・挿しは道具を使う
 パイプの抜き・挿しには道具がある。これを使うと楽に仕事ができる。

玄米アミノ酸(15)粘着虫取り紙は大きいものがいい
 ハウスの中に上から吊るして虫取りする粘着紙がある。これはケチらずに大きい物にしないと意味がない。

(16)樹脂トレーは強度の高い紙を選択
 樹脂トレーの価格は様々である。何度も繰り返して使うものである。安物はすぐに壊れる。強度の高い方が長持ちして使い易い。

 以上、ハウス栽培で使う道具の16点を取り上げて注意点を指摘した。しかし、まだまだある。道具の選択の仕方、使い方、管理の仕方で仕事の効率が大きく変わってくる。仕事の効率だけではない。品質にも大きく関係してくる。収益にもダイレクトに関係する。

 ハウス栽培で利益が出ないのは案外このような所に原因がある。特に病虫害はハウスの大敵である。その原因を道具や資材の不備によって生み出している場合が多いのである。これは明らかに人的ミスであるが防ぐことができる。細かい点に注意しながら栽培しなくてはならない。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!