TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・

TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・

 TPPで日本の農業はどうなるのかを知りたい方は多いと思う。それも詳しく知りたいと思っていることだろうと思う。『TPPで日本は世界一の農業大国になる』。私が言っているのではない。書籍のタイトルだ。著者は浅川芳裕氏である。農業の変化を世界的な視野で見ることのできる数少ない人材である。

 TPPで自由化されることにより日本の農業は大きな転換期を迎え革新できると考えている。自由化した方が農業は発展するというのである。その背景を詳しく説明している。TPPに賛成とか反対とか議論はいろいろある。どちらが正しいのかと考えてしまう。正しいのか正しくないのかという前に世界的な傾向というのがある。それが重要なのだ。
楽して儲かる農業みーつけた
 世界的な傾向というのは一般の方はよく分からない。これを知るとTPPの本質が見えてくるのである。第一章では「反TPP論のウラを暴く」とある。TPP賛成というのではない。TPPによって何がどう変化するのかということが詳しく書いてある。農業の裏側が見えてくる。例えば輸入小麦に関税をかけることで農水省は1000億円も利益を得ているとかである。反TPPの裏側には必ず大きな利権が眠っているということである。多くの人は高い関税は生産者を守っていると思っている。実は違うということがよく分かる。TPPが実現すれば大きな輸出市場が生まれる。競争力さえあれば、その輸出市場に参入できるということになる。生産者にとってはマイナスどころか大きなチャンスになるのである。

 TPPは農業界の利権構造が浮き掘りにされる可能性がある。農協の利権である。農協ほど国策によって守られている団体はない。日本が成長する段階では、それが必要だったけれども経済が発展した現在は逆に足カセとなっている。農協は農協の組織を守ること自体が目的となり生産者の生活はどこかに行ってしまったのである。組織疲労である。

 ただし現在のままでは生産者は活力を失い収入が激減し、組織の維持すら困難になっていく。このことは目に見えている。だからTPPによって再生させるのである。国際的な競争になれば自分たちの利益だけを考えているだけでは成り立たなくなる。何かをしなくてはとならざるを得ない。それは生産者にとって大きなプラスになるのではないだろうか。

 生産者の全部がTPP反対というわけではない。TPP大賛成という方も少なくない。マネジメントができる生産者だ。マネジメントができるというのは生産技術プラス販売技術を持っているということである。その人たちにとっては願ってもない絶好のチャンスなのである。TPPは一過性のものではない。世界的な仕組み枠組みである。じっくり検討する必要がある。是非、おすすめの書である。

「TPPで日本は世界一の
農業大国になる
~ついに始まる大躍進の時代~」
【著者】浅川芳裕
【発行所】KKベストセラーズ

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  4. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  5. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  6. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  7. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  8. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  9. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?
  10. ジャブ・ジャブ水を与えたら、植物の生理が狂って成長しなくなる!