大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!

大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!

7月号レター写真
 見事な柿ですね。今年は順調にいってよかったですね。南九州は雨が多いと聞いていましたので心配をしていました。雨が多いと日照不足で光合成の力が落ちるのです。糖度は水分だけではできません。光が必要なのです。太陽光を取り込むことで化学変化が起き、光合成の力で澱粉が作られます。雨が多いと澱粉が作りづらくなってしまうのです。澱粉は多く作られる程、甘味は増します。

 上田さんの「太秋柿」は甘柿ですよね。とても甘くて、おいしい柿でした。皮も薄くて食感も良く、とてもジューシーでした。雨の多い年に出来た柿とは思えないものでした。大玉に作るというのも、むずかしいのですが問題は果肉です。大きくなるほど、大味になってしまうのが普通です。きめの細かさを失ってしまうのですね。大味になるとどうしても食感が良くないのです。

 上田さんの太秋柿は大きいにも関わらず、きめが細やかで食感がとてもいいのです。

 これは、すばらしいことですよね。大玉で甘味があり、きめが細やかで、ジューシーであれば言うことはありません。たぶん、お客様は大喜びだったのではないでしょうか。

 果物で一番大切なのは肥料ではなく、光合成なのです。光合成をさせるためには葉の作り方です。小さく肉厚に作ると光合成は自然に活発になります。
 とてもおいしい甘柿でした。感動の味に感激です。ごちそう様でした。

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  3. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  4. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  5. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  6. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  7. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  8. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  9. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!
  10. 6月に旬の「デコポン」の味覚に触れて驚き!