大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!

大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!

1608農業レター感想 肌のきれいなみかんですね。浮き皮もまったくありません。土壌のバランスが取れているのですよね。無理をした作り方をしていないのでしょう。肥料過多にもなっていない証拠です。皮をむいてみると、中の房までもバランスがいい。日当たりによって中の房の大きさが違うことがよくあります。

 みかんは自然の中で呼吸している生き物です。育つ環境のすべてが果実に出てきます。私は大切に育てられたとか、いじめられたとか、みかんは言いませんが果実は語っているのです。多くの生産者は果実の語る言葉が理解できないのですね。大村さんがみかんの言葉を理解されたかは分かりません。でも果実の結果を見ると、とてもよい環境で育てられたように思います。

 果実を育てるには農薬を大量に使うのが普通の栽培方法です。みかんは当然ストレスを感じますよね。そのストレスはすべてみかんに出てくるのです。これは栽培の基本だと思います。ストレスを与えずに喜びを与えてやれば、みかんはおいしく育ちますよね。

 おいしくというのは甘味だけではなく、旨味、コク、食感など五感応で感じるすべてです。大村さんのみかんは五感応を満足させることができるすばらしいみかんでした。ごちそう様でした。

関連記事

  1. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  2. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  3. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  4. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  5. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  6. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  7. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  8. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  9. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!
  10. 6月に旬の「デコポン」の味覚に触れて驚き!