「本質は自分の眼前にある!」ニュースレターで考えさせられました

「本質は自分の眼前にある!」ニュースレターで考えさせられました

 ニュースレター4月号、お届けいただきありがとうございます。「特集」にせよ「目からウロコ情報」にせよ、農業を考えてやって行く上で大変刺激になります。
 私はどちらかというと、「農業には特効薬がない」、「農業は毎年一年生」という考えを持つ者ですが、これらの言われ方の示唆するところは理解しているつもりです。農業に対しては正面切って、つまり本質的に向かい合わなければいけないということです。そして本質とは往々にして眼前にあるものです。
 ニュースレターでよく言われる「再現性」ということから、後継者不足と生物の定義にある「自己複製」という言葉を連想しました。後継者とは、他者において再現された自己だと思います。
兵庫県 M様


すばらしい感性ですね!再現性の大切なことは「本質」にあります。
 FAXありがとうございます。M様は、すばらしい感性をしていますね。直観力がとても鋭いように感じました。
 Mさんが指摘をされるように、本質はいつも目の前にあるのです。それをよく自分の中で深めていくことで再現できるようになるのです。
 学者や研究者は生活をするための職業としての仕事をしています。現場には興味が全くありません。本質に迫ることができないのです。ところが多くの人は、これに振り回されます。本質を知らないからです。農業は何もむずかしくありません。土の本質をつかんでいれば問題の90%は解決できます。

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  3. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  4. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  5. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  6. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  7. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  8. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  9. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  10. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!