目的は楽して儲かる農業を実現すること

目的は楽して儲かる農業を実現すること

目的は楽して儲かる農業を実現すること


 農業経営をして思った通りの利益を出している方は少ないと思う。全農業従事者の1%に満たないのではないだろうか。ほんとうに農業は利益が出ない仕事だと思われますか? 事実、収入は少ないのだから仕方がない。それはそうかもしれない。それではなぜ利益が出ないのか。肥料が高い。農薬が高い。資材、設備にかかる。機械が高い。病害が出る。連作障害になる。外国との競争がある。理由はいろいろあるでしょうね。でも一番の根本は基本が理解されていないからです。
 基本とは何でしょうか?栽培の基本。土壌の基本。商品売買の基本。設備をする基本。玄米アミノ酸の最終目的は楽して儲かる良業を実現する事である。一人でも二人でも多く、そういう生産者が出てほしいという願いがある。実際に理解を得た人は、今までが何だったのかと呆然としてしまうほどの結果が出ている。やればやる程、いい結果になっている。残念ながらすべての方ではない。玄米アミノ酸は魔法ではないから、使い方を間違えれば、結果も違うものとなる。せっかく玄米アミノ酸と出会いながら、効果がないと去っていった方もいる。もったいないと思うのである。
  現地に出向いて生産者ごとに指導するわけではないから、誤解も多いかもしれない。しかし玄米アミノ酸は、誰がどこでどのように使われても、使い方が間違っていなければ、最高の結果が出るように作られたものである。
 幸いにしていろいろな質問にお答えをして、生産現場の状況も把握しつつある。利益が出るための農業に集中して勉強する時に来たように思う、、実際の事例を目前にすると、非常にわかりやすくなる。理論だけを聞いていてもチンプンカンプンという状態は避けられる。
 結果を出すというのは、実はそんなにむずかしい事ではない。現実に、頭の中を切換えて凄い結果を出している人はたくさんいる。むずかしいのはいままでに囚われている頭の中にある。肥料を入れなくて大丈夫だろうか。少なくては物が獲れないのではないか。今まで化成を使っていたから今年も。
気持はわかるけれども、それでは何年経っても儲かる農業生産にはならない。実際に肥料を入れすぎたらどうなるのか。具体的な例があるとピンと来やすくなると思う。
 実は農業生産は、利益が出ないわけがない。水、空気、太陽、微生物、ほとんど自然が動いてくれる。人間は収穫だけすればいいのである。しかも商品は高い価格で売れる。低コスト、高付加価値は、商買として理想的なのである。そこで、現在悩んでいる事を、ドンドンお便りで知らせて下さい。恥ずかしいと思わずにどん欲に聞いてほしい。関先生からも協カを得て、皆様の要望に答えたいと思う。そして、この講座をほんとうに楽して儲かる農業の一里塚にしてほしいと思う。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!