メロン栽培で億万長者も夢ではない

メロン栽培で億万長者も夢ではない

 メロンは夏場に食べられる果物の王様である。汗をかいて疲れると甘い果物が欲しくなる。口に入れた時のジューシー感がたまらない果物である。メロン栽培のポイントは水分管理が全てである。


湿度に非常に敏感なのである。適地としては砂丘の排水の良い所で栽培されることが多い。野菜とは違って品質が重視される。見た目の美しさ、ネットの張り方、糖度、ジューシー感などである。これによって価格が大きく違う。2等品を作っても仕方がないのである。上手な人と下手な人では10倍も収入が違うといっていい。

 北海道の生産者で赤肉メロンをお客様に直売りしている人がいる。毎年、お客様から注文がくる。紹介者も出る。栽培したメロンは全て小売りで売り切る。どれ位の収入でになると思いますか。ウヒャーというほどであることは間違いない。もちろん、それだけ品質がよくて美味しいからである。メロンはこのような成功者が出せる魅力的な作物なのである。

  販売に成功するには、まず元になるメロンである。消費者は大切なお金を使うわけだから美味しくなくては注文してくれない。

 美味しいメロンを作るにはどうすればいいか。排水を良くして、水分ストレスを与え、水切りをすると糖分が出て、ネットも綺麗に張ってくれるというのはメロン栽培をしている人なら誰でも知っている。

 しかし砂地で排水を良くすれば肥料成分が流れてしまう。水分ストレスを与えれば水分は不足する。白然k逆らった矛盾したことを実現しな<ては美味しいものができないのである。

 排水を良くして肥料を流さない方法は微生物の活用しかない。微生物は流れていかないので、留まることができる。必要な時に栄養が供給できる。ハウスでも露地でも水切りをした時に見事に水分が自然に転流してくれる。糖度ものるし、ジューシi感も出る。甘いだけではない。奥深い昧が出る。

 メロン栽培はセンチュウについて触れる必要があると思う。商品の一番の悩みはセンチュウでしょう。メロンの根から排泄される物質をセンチュウが好むという理由もある。多くは肥料過多である。肥料が残って酸化するからセンチュウが寄ってくる。肥料を少なくするには微生物しかいない。

 玄米アミノ酸ぼかしでメロンを作ると信じられないような素晴らしいものが一年目からできる。光合成を盛んにするので葉面散布を併用する。と言っても信じられないでしょう。わずかでもいいから試験で作ってみてほしい。10アールに200?のぼかしが基準量である。もちろん一畝からでいい。栽培も楽である。楽していいものばかりができたら、それこそ儲けものである。

関連記事

  1. 来月から「ニュースレター」が大幅に刷新になります!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法の目的は「最初から栽培トラブルが発生しない」ことである!
  3. 究極の雑草対策は雑草が出ないようにすること!「え!除草剤も使わずにできるの・・・」
  4. 雑草はどうすれば少なくできるのか!雑草を減らして現金収入を増やす方法!
  5. 野菜の高値には明確な原因がある! 豊作貧乏は過去の話になった・・・?
  6. 〈特集〉生産物の販売 売り先を見つけるには「野菜の目利き」をまず探せ!
  7. シリーズ 土の性質9 「タバコ」を栽培して作った後の土壌は何を栽培しても育たない!え!どうして・・・?
  8. 経済は大減速に向かう!温暖化は激しくなる!野菜は恒常的に高値になる!これは最大のチャンスになる!
  9. シリーズ 過剰害チッソ② 農業が重労働だと言われる原因と利益が出ない原因はチッソ過剰害にある!
  10. シリーズ過剰害チッソ① チッソが悪魔に変身する瞬間がある!チッソ酸化物の恐ろしさを知れば農業は変わる!