生産者はなぜだまされるのか?

生産者はなぜだまされるのか?

生産者はなぜだまされるのか?


「資材のテスト」
 新しい資材をテストしてみようと思った時に、どのようにして結果を判断しているだろうか。使ってみたけどダメだった。これは使えないと単純に結論を出していないだろうか。もちろん、すぐに結論の出るものもあるでしょう。しかしテストした結果の中に大きなヒントを見逃していないだろうか。もし見逃しているとしたら、それは大きな損失である。すべて無駄だったという事になる。
 テストする場合に大切な事は目的を明確にする事である。それも漠然としてはいけないのである。普通の方はなんとなくやってしまう。そして、なんとなく結果が出ない。目的を明確にすると判断の基準が出てくる。
 具体的に話をしよう。病害を解決したいと思って使ってみたとしよう。まず病害の原因について学習しなくてはいけない。その次にテストする資材について、こういう成分が入っているから病害はなくなるはずであると予測を立てる。そして狭い面積から資材のテストをしてみる。出てきた結果については予測をした事と合せてみる。一致する所と一致しない所が出てくる。そこを明確にする。自分の予測した事と大きく遣った場合は、
?自分の予測が間違っているか?資材の使い方が間違っているか?使い物にならない資材かのいずれかである。
 この確認をしなくてはいけない。そこまでやる人はほとんどいないのである。だからせっかく資材に出会っても、ものにする事ができない。テストをした時間も無駄になってしまうのである。くやし〜いである。
 農業は天候が相手だから毎年一年生というのは謙虚でいい。しかし何もかも一年生では話にならないのである。確かに天候は毎年、変化する。しかし、かわらない原則というのもあるのである。かわらない原則をしっかりとつかむには目的の明確化をしなくてはいけない。目的を明確にして掘り下げていくと原則につきあたる。これをいつも自分の中で再現できる人を成功者というのである。
 資材のテストする原則が確立していれば騙される事はない。身近かな所にすばらしいものがあるかもしれない。いい資材を畑や稲田に投入していけば毎年品質のいい作物が予測した結果だけ得られるのである。
 「生産者はなぜ騙されてしまうのか」これは昔からのテーマである。次回もこの事についてお伝えしたいと思う。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!