稲田の転作に成功する方法

稲田の転作に成功する方法

稲田の転作に成功する方法


 稲田を改良して、畑にするという人が多い。転作奨励金が出るからである。相談くると言う事が決まっている。稲田を畑にしたから土壌がよくない事はわかっていると言われる。ほんとうにわかっているのだろうか。ここが問畏なのである。
 稲田とはどういう土壌か。水を張って嫌気性菌を繁殖させてきた、粘土層の土壌が多い。しかも肥料はあまり与えていない。土は固くて膨軟性がない。この稲田を転作するわけである。もちろん奨励金はもらえる。しかしだからと言って転作するのでは利益が出るわけがない。転作した作物から得た収益を返却せよとは言っていないのである。
 転作栽培で成功したら二重に収入が得られることになる。これはおいしい話である。しかしウハウハという話は聞いた事がない。
 実は簡単に転作で成功できる。手順は次の通りである。?稲田を掘り起こして暗渠排水をする。暗渠排水には補助金が出る。?暗渠排水が終ったら畑を深く掘りおこす。30cmは最低でも掘る。?玄米アミノ酸のぼかしを10アールに300kgすきこみする。?玄米アミノ酸のすきこみを終了したら一ケ月後に完熟堆肥。10アールに500kgすきこみする。この完熟堆肥にも玄米アミノ酸の粉体を1%まぜて醗酵させてから使えばいい。
 以上で土づくりはできたのである。秋の中頃から始めて冬を超すのが理想である。春になったら定植前にさらに玄米アミノ酸ぼかしを10アールに200kg入れる。これで肥料もOKである。土壌もできた。排水もできた。微生物もできた。稲田の問題点はすべて解決したのである。
 栽培一年目から大成功になる。転作奨励金で利益を得て、さらに転作栽培で利益をとる。ダブルの収入である。なぜこのようにならないのか。理由は簡単である。お金をかけるべき所にお金をかけないからである。稲田であれば排水は悪いに決まっている。そこを改善しなくてはどうにもならないのである。
 それから土づくり。稲は肥料が少なくても育った作物である。酸性にも強い。もともと水さえあればできるのである。裏を返すと土づくりはまったくできていない。だから玄米アミノ酸で好気性菌をふやすのである。そして土づくりをする。
 楽して儲けるのは努力ではない。ポイントのつかみ方である。始めから間遠があるとわかっていたら、その間違が解決されるように姶から対策を立てる。それだけの事である。
ほんとうに基本は大切だね。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!