無農薬・無肥料のりんご生産者に学ぶ

無農薬・無肥料のりんご生産者に学ぶ

 青森の弘前で農薬も化学肥料も有機肥料も使わないでリンゴ作りに成功した人がいる。このリンゴを作るのに8年間無収入だったというのである。木村秋則さんという方である。木村さんの物語はNHKのプロフィッショナルで放映されたので見られた方も多いと思う。


 木村さんの苦労話を聞きながら涙がとまらなかった。農業で成功するのに、こんなにも骨身を削らなくてはいけないのかと苦悩の深さに胸が熱くなり泣いてしまったのである。

 木村さんは当初大規模りんご農家を目指して大型機械を導入して消毒と化学肥料の農業を始めた。ところが奥さんが化学物質アレルギーで肌にブツブツができ、さらに体調も崩して寝込むようになってしまった。木村さん本人も体調を崩した。これではダメだと思い自然農法に切り替える事を決断した。

 ここまではよく聞く話である。似たような経験を持つ方は多いと思うのである。ここで木村さんはまったく自然な状態でリンゴはできないかと思って実行してしまった。最初は害虫が出るわ、出るわ。リンゴは花も咲かない。花も咲かないどころか秋に狂い咲きである。

 ここで大きな疑問が出る。「自然な状態でリンゴを作っている農家は一軒もいなかった」ということなのである。参考資料は何もない。広い青森のリンゴ産地でたった一軒も自然に作っているリンゴはなかったという事実は驚きである。

 そして害虫である。消毒と化学肥料をやめたら、どうして大量の害虫が出たのか。土壌がそれだけ壊れている事にまったく気がつかなかったのである。害虫しか住めないような土壌になっていた。

 そして木村さんは害虫の勉強から始めなくてはならなかった。秋の狂い咲きもどれだけ樹の生理が狂ってしまっていたかの証明なのである。木村さんはそんな事を知るわけもない。なぜリンゴが実らないのだろうか、そればかりが頭にあった。

 もうやめよう。やめたいと家族に言ったら「何の為に我慢したのかと叱られた」しかし方法がない。死に場所を求めて八甲田の山へ入っていった。山の中をさまよっていたら、リンゴの樹が生き生きしているのが見えた。これだと直感した。よく見たらドングリの樹だった。夢中で根元を掘り返してみた。土はやわらかく、ふわふわしていた。

 これを再現できればリンゴは必ず実ると勇気が与えられた。そして8年目の春に見事なリンゴの花が畑一面に咲いた。それからの収量は慣行農法と変わらないものとなった。

 自然農法を実行する中で土はどうすればよくなるのかよくわかったのである。土は下草の根が作ってくれていたのである。この事からマルチがどれだけ土づくり問題があるかということなのである。

 このようにして作られた木村さんのリンゴは一個300円。インターネットで10分で完売だそうである。業務用もすべて売先きが決まっていて超一流のレストランしか使えない。料理に使ったわけは、一年たっても腐らない、甘い香りの醗酵となるのがわかったからである。

 木村さんの成功を見て、弟子入りしたいという方が出てきた。岩手県のリンゴ農家である。木村さんの指導を受けてもうまくいかない。木村さんがその園地に入ったとたん、大型のスプレーヤーを4回〜5回使用した事を見抜かれたのである。

 木村さんは大型のスプレーヤーがどれだけ土壌にダメージを与えるかを知っているのである。

 木村さんの苦労話には頭が下がるとしても、この話は何か変なのである。どこが変なのかわかりますでしょうか。農業の基本は何なのでしょうか。慣行農業なのでしょうか。農薬と化学肥料なのでしょうか。その前に「自然」というのが当然である。この「自然」についてまったく知らずに農業をしたというのはあまりにも無謀と言えないだろうか。

 実はこういう生産者が「生産者300万人の大半なのである。」自然について、まったくの無知。ということは慣行農法もまったく知らないということなのである。知らないというのは言われた通りにやっているだけで工夫もコントロールもできないということなのである。基本の「自然」を知らないのにできるわけがないのである。

 木村さんは特別な事をやったわけではない。自然に戻ったら自然が全部教えてくれたということなのである。自然に学ぶには木村さんのようにハイリスクを背負うことなくやる方法はある。小規模でいいから実験地を作ることである。

 30坪の一セでいい。この土壌を利用して遊んでみるのである。ノートを使って記録をとり、デジカメで写真をとる。わずか30坪だが、これが300坪になっても3000坪になっても3万坪になっても同じ土なのである。30坪で成功しないのに3万坪で成功するわけがない。木村さんの成功話はすばらしい事だけれども日本の農業レベルの低さを証明している話で、この悔しさにも涙がこぼれる。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!