仕事をしている時が一番楽しくなるには・・。

仕事をしている時が一番楽しくなるには・・。

 みなさんは何をしている時が一番、楽しいでしょうか。すぐに仕事と答えの出る人は何人いるでしょうかね。ほとんどの人はお酒を飲んでいる時、テレビを見ている時、旅行しているときなどと思い浮かぶのではないでしょうか。仕事はしたくないけれど、仕事をしないと生活ができないのでやむなくせざるを得ないと思いながら、仕事をやっている方が大多数でしょう。


 少数だけれど仕事が一番、楽しいという人がいる。どの仕事にもいる。例えば人間国宝と言われている人達がそうである。重要無形文化財という称号のつく人である。この人達は実は楽しそうに仕事をしている。仕事が楽なのか。その正反対である。人間国宝の称号をいただくのは簡単ではない、複雑な工程を覚えて、一つ一つの技術を丹念に磨いていく。

 これだけでは人間国宝になれない。この基礎の上にいままでにない新しい技術を積み重ね、それが認められて初めて人間国宝になる。気の遠くなるような話なのである。この人達はなぜ仕事が楽しいだろうか。

 「誰にもできない仕事ができる。多くの人に認められ尊敬される。自分が作ったのに自分が作ったと思えないような作品の出来に自分で感動できる。作品を多くの人が見て感動する。自分の仕事に満足する。誰にもできない仕事をやるのが楽しくなって、またやりたくなる。」人間国宝の作った作品となると価格は大変なものになる。例えば陶器ならどんなに安くても数十万円にはなるでしょう。収入でも満足できる。仕事は自然に楽しくなる。

 農業で人間国宝はいないけれども人間国宝のような仕事はできる。

 本題のQ&Aに戻りましょう。やみくもに仕事をして、いい仕事になるわけがない。Q&Aで質問を受けていると何を大切にしていいのか、よく分かっていないように思える。

 例えば?昔、玄米アミノ酸のサンプルをもらってスイカを作ってみた。二番果がたくさん実って驚いた。しかし、その後別の農法を取り入れてやったが少しも結果が出ない。もう1回玄米アミノ酸を勉強してみたい。

 例えば?みかんの酸が抜けない。糖度もでない。どうしらたいいか、玄米アミノ酸は使っていない。

 例えば?台風で被害を受けた、メロンを定植した直後の被害だった。かわりにキューリを植えたいが、いままで作ったことがない。

 この質問から連想できることは楽しく農業する事がかなりむずかしいだろうと思える。技術が伴っていないからである。技術は練習をすれば誰でもできるようになる。それが技術である。しかし学習して練習しなければいつまでもできない。例えば自動車の運転。教えてもらって、毎日練習しているからできる。料理に例えてみよう。毎日、なんとなく料理を作り続けて何十年かたったら料理の腕はあがるだろうか。料理の作り方を教えてもらって、練習しなければあがるわけがない。ポイントは学習と練習なのである。これを簡単にできる方法がある。Q&Aである。自分が知りたいと思ったことを聞く。ここが大きなポイントである。知りたいと思ったことを聞くわけだから、始めからその答えには興味がある。やってみたいと思っているわけである。そして答えを聞いて実行してみる。学習と練習を同時にしているわけである。

 これを実行すると超速度に進歩する。すごい結果が出る。農業が楽しくなる。人間国宝みたいな仕事ができるようになる。わずかの学習と練習をしただけである。

 長野県で野菜を作っている榊原さんはよくFAXをして下さる。Q&Aのやりとりをしている間に農業が上達していくのがわかる。本人も野菜作りに成功する喜びを体で感じている。長野県でりんごを作っている井上さんもそうである。電話会議を熱心に聞いて下さる。りんごが出来ると送っていただくのだが、とにかく絶品の味である。どこに出しても立派なものである。兵庫県の杉原さんは丹波の黒豆を送っていただいた。粒の大きさ、コク、旨味、すべて一級品だった。玄米アミノ酸ぼかしを使い、五年になるそうである。

 この人達は特別の事をしたわけではない。成功する方法を知ったのである。成功する方法さえ知ってしまえば、それを繰り返すだけである。毎年、人に喜ばれる作物ができる。そうなると農業は楽しくなってくる。

 しかし残念ながら質問はしてきても結果がどうなったかまで話をしてくれる人は少ない。ここもポイントなのである。ほんとうに繰り返しやっていいものかどうか最後にだめ押しで聞く。

 学習するというのは凄いことである。どれだけの価値があるかわからない。先月号と2回にわたりQ&Aの活用方法をお伝えをした。学習する効果をわかってほしかったのである。学習したらやってみる事であるが、いきなり全面積のリスクを負う必要はない。小さな面積でテストをするなら何の問題もないでしょう。その効果を確認してからで遅くないのである。

 成功する方法を自分のものにすれば仕事は楽しくなり、収穫も増えて収入も増える。これが早く実現するほど楽しめる時間は長くなる。遅いほど苦しみは多くなる。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?