畑にいくのが楽しくなるために情報をください!

畑にいくのが楽しくなるために情報をください!

畑にいくのが楽しくなるために情報をください!


 最近、うれしいお便りをいただいた。毎日、畑に行くのが薬しいというのである。楽しいと思って畑にいく人は何人いるだろうか。案外、少ないのではないだろうか。生活がかかっているのだから、楽しいという話ではない。それはそうである。
 自然に楽しくなるというのがある。作物が順調に育って、思い通りの収穫ができている。こういう時は鼻唄でも唄いながら仕事をしたくなるのである。遊び半分ではない。真剣なのだけれどゆとりがあるのである。自分がイメージした通り順調にいっているからである。
 真剣だけれどゆとりがない。仕事に追いまくられている。忙しい理由はいろいろあると思う。害虫が出た。立枯れが出た。病気が出た。対策に大あわてである。なぜ忙しくなるのか。もちろん原因がある。忙しくなってからではゆとりを持ちたいと思ってもできない。もう遅いのである。これでは楽して儲かるにならない。
 玄米アミノ酸を使ったけれども少しもよくならないという方がいる。ほんとうに残念である。楽して儲かるはずが苦労の種になってしまう。この場合にお願いがあるのである。玄米アミノ酸は魔法の資材ではない。自然資材である。どんな状況で使われてもよい結果が出るとは限らない。玄米アミノ酸を使う前の状況をよく教えてほしいのである。それによって使う順番が違ってくる。例えば肥料は何を使っていたとか。連作は年に何回で何年続けているとか。耕作している深さとか。玄米アミノ酸を使う前の状況をよく考えてほしいのである。それによって使う順番が遣ってくる。基本的な使い方が変わらなくとも使う順番が変わってくると緒果は大違いである。苦労しなくても済むのである。
 二つ目のお願いは目的を明確にしてほしいのである。目的と言ってもトマトを作りたいではわけがわからない。どんなトマトを何が目的で作りたいのかである。その目的によっても玄米アミノ酸の使う順番が違ってくる。使う時期と季節も違ってくる。
 多くの生産者の方に畑にいくのが楽しいとなってはしいのである。そのために知恵を出す事をおしまない覚悟である。知っている事はなんでもわけてあげたいと思う。しかし状況がよくわからないの ではトンチンカンになりかねない。状況はよく教えてほしいのである。その人の情報はもちろん一切、公開しない。畑にいくのが楽しくなるにはゆとりが出るノウハウを一日も早く手に入れる事だと思う。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!