見事なまでの作物を作り上げている生産者様のご紹介

見事なまでの作物を作り上げている生産者様のご紹介

 農業にとって、生産物は最大の結果である。生産物が口を開いて話をすることはないが、実は多くのことをお客様に伝えている。だからブランドが大切なのである。お客様の信頼を得るには生産物に語ってもらうしかないのである。「でも、好き嫌いはあるよね…」人間も自然の一部に組み込まれている。正常な味覚というのは万人共通のものである。これは事実である。好き嫌いでお客様の評価が決まるのではなく、どれだけ自然のエネルギーを取り込んだかで決まる。これが漠然とはしていない。はっきりしている。口にした瞬間にエネルギーを感じる。そのエネルギーはすべて栽培技術の中から生まれてくる。ごまかしはきかない。不思議なものである。
 今回、ご紹介する二名の生産者様は毎年、少しずつ生産物の品質が良くなってきている方である。周囲の生産物の質が低下している中で、その差は歴然としている。周囲から見たら少しずつではなく、ダントツなのである。特に井上様のりんごはここまでになるのかと驚くばかりである。西川様のぶどうの玉張りも凄い。食べると弾力がある。果肉がパリッと張っている。肥料バランスが取れているのである。年の初めにあたって、多くの方の参考になると思い、ご紹介をした。

井上様のりんご
玄米アミノ酸

井上様へ
 早生りんごありがとうございます。食べてみてビックリです。まず、張りが良い。形が良い。軸からの盛り上がりの凄さにビックリです。晩生ならわかりますが、早生ではこのようにはなりません。果肉もしっかりしていて硬さがあります。市販されているものはやわらかいです。気温の高い時に結実するわけですから、やわらかいのが当たり前です。それが硬い、しかも皮にしっかり甘味があり渋味がない。これは化学肥料を使っていない証拠ですね。
 すばらしいりんごです。毎年、年を追うごとに良くなっているのは、もうビックリ以外の何物でもありません。どこまで良くなるのか、生命力の凄さを実感します。このりんごは日本中を探しても、そうお目にかかれない超一級品です。感動的な味でしたが、それ以上に生命力の神秘まで感じさせてくれます。重ねて感謝致します。

西川様のぶどう
玄米アミノ酸

西川様へ
 大粒のぶどうありがとうございます。とてもおいしくいただきました。7月にぶどう園を拝見させていただいた時から、これは良い物ができると思っていました。ピオーネも色がのっていて張りがあり、軸も硬く、果肉もしっかりとしていました。さすが西川さんの作だと納得のいくものでした。作る人が、そのまま生産物として形になっている気がしました。その人の努力というのが結果になって雄弁に語る気がしたのです。不思議ですよね。
 収穫後のお礼肥にもみがらぼかしはオススメです。少ないチッソで団粒構造は果樹にピッタリだからです。チッソが多いと、暑い夏は果肉がやわらかくなり日持ちがしなくなります。基本となるポイントをどうおさえるかで結果は大きく違ってきますね。
 厳しい寒さが続きます。お身体を大切にして下さい。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!