完成のレベルに近づいた「玄米アミノ酸微生物農法」!さらに成功を拡大するための個別指導…

完成のレベルに近づいた「玄米アミノ酸微生物農法」!さらに成功を拡大するための個別指導…

玄米アミノ酸 玄米アミノ酸農法も出発時の十数年前にはこれが農法になるのかという思いがあった。十数年の時を経て、実績を積み重ね、さらに商品開発もやった。その結果「玄米アミノ酸微生物農法」は完成の域に近づいた。完成というのは資材を供給する私たちの方から見た場合ではない。誰でも簡単にできるという意味での完成である。

 当初は玄米アミノ酸の液体が主だった。使い勝手が良い、効果が見える、農薬とも併用して使えるなど、今までにない天然の資材だった。葉面散布をするだけで光合成が促進される。糖度が上がるというのは魅力だったに違いない。しかし、これだけでは農法にはならない。土壌の問題が残っている。

 土壌の問題を解決するべく「米ぬかぼかし」を提案した。ぼかしを作るのに手間がかかるという人が多くいた。コストも大面積では高いことが問題だった。私たちも満足をしていなかった。使った方には好評だった。一作目から結果が出た。そこに「乳酸菌もみがらぼかし」が登場してきた。これによってコストの問題が解決した。米ぬかぼかしでは解決できなかった土壌病害も解決できるようになった。放線菌の量の桁が違うのである。これによって土壌の問題も、地上部の茎も対応できるようになった。好気性の微生物の力で誰でも簡単に成功できる「玄米アミノ酸微生物農法」が完成したのである。

玄米アミノ酸 微生物農法はさらに進化させることができる。土壌病害の対処法として放線菌の純粋培養に成功したのである。

 どんなにひどい土壌病害でも土壌消毒の苦労の必要がなく、楽に復元できるようになった。これはまだ案内をしていないが、近いうちにできるようになる。さらに光合成細菌の純粋培養にも成功した。アミノ酸の液体と併用すればさらに効果を高めることができるようになる。

玄米アミノ酸 手間がかかって、費用が高くつく有機農法はリスクが高すぎる。利益が取れないのである。肉体的にもきつい。ところが「玄米アミノ酸の微生物農法」は手間がかからない。費用は安い。肉体的にも楽なのである。そして化学肥料農法のように土が砂漠化することもない。使い方も化学肥料と同じくらいに楽である。散布量を比較してもらえばよくわかる。十数年はかかったけれども、ようやく基礎的な段階を終了することができた。

 一口に基礎的な段階は終了したとはいうけれども、ここまでの道のりは大変だった。誰もやったことがないことをやっているわけである。今までに存在した微生物農法なんて全く結果が出ない。再現性もない。コストも高い。誰もができるものではないのである。その常識を打ち破ったのである。

玄米アミノ酸 これからステップアップして第二段階に入るわけである。第二のステップは二つある。一つは大手流通との取り引きである。これは「玄米アミノ酸微生物農法」の権威を高めるためである。そして販路を獲得するためでもある。ビジネスは販売が難しい。良い商品だからといって売れるわけではない。大手の流通業の方が「玄米アミノ酸微生物農法」で作った物はお客様に喜んでいただけるという評価が出たら、もの凄くやりやすくなる。

 もう売り先に困ることはない。しかし、ここまでくるにはやはり曲折があった。結果を出せずに離れた人も多くいる。そのたびに反省だった。いろいろな生産者が様々な生産物でテストをしてくれたからこそ現在がある。これは感謝以外の何物でもない。農業は生産者によって、あらゆる条件が異なる。例えば実験ほ場でうまくいったとしても、それは条件が整備されていたからである。それをそのまま当てはめても、当てはまらないこともある。もちろん当てはまることもある。当てはまった人は何も問題がないかというとそうではない。第二、第三の問題が出てくる。これをどうするかである。よく言われることだが「作物毎に指導してくれ…」気持ちはよくわかる。作物毎と突き詰めると個人指導してくれということである。

玄米アミノ酸 これは無理だと思っていた。そんなことができる業者は世界中に一社もない。日本でももちろんない。コストの面からも時間的なことも技術的なことを考えても無理なのである。個別指導を受けられるのは、資金力のある農事法人か個人に限られる。コンサルティング料はとても高くて手が出ない。今までに誰もやったことがないのである。

玄米アミノ酸 「玄米アミノ酸微生物農法」が完成に近づいて、もしかしたらできるかもしれないと思うようになった。それぐらいに誰でもできるように単純化できたからである。と言っても問題がすべて解消されたわけでない。「玄米アミノ酸農法」をやって上手く行ったが新しい問題が出てきた。これはよくあることである。その場合は問題のステージが変わっている。ここがわからないのである。

 ステージが変わるというのは対処が変わるということである。もう一つある。「玄米アミノ酸農法」に取り組んだけれど上手くいかなかった。これは今までの土壌に問題がある。こういうことは個別指導できたら、多くの生産者が利益を出せる農業になるのではと考えたのである。これは少しずつやっていきたいと思う。詳しくはまたニュースレターでお届けしたいと思う。これからが本当に楽しみである。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!