異常気象が産地ブランドを大きく変えている!東北の米は旨いという常識が崩れる!

異常気象が産地ブランドを大きく変えている!東北の米は旨いという常識が崩れる!

玄米アミノ酸 「異常気象が農業に大きな影響を与えている」と誰もが思っている。「以前よりも作りづらくなった」「品質がよくない」など、さまざまな影響が現実的に出ていると思う。しかし、具体的に何がどのように影響しているのか、明確に理解している方は少ない。限りなく0に近いといってもいい。なんとなく肌で感じてはいるが、よくわからないのである。よくわからないから、今まで通りの農業を継続しているのである。「そんな大口をたたくなら、あんたは何がわかっているのか…」やり場のない気持ちはよくわかる。だからこそ話をよく聞いてほしいのである。異常気象によって、何が一番大きく変化したのか。それは「産地ブランド」である。

玄米アミノ酸 米を例にとればよくわかる。米といえばブランド、新潟のコシヒカリ、山形のササニシキ、秋田のあきたこまちと相場は決まっていた。それがである。北海道や九州の米に負けてしまったのである。品質においても食味においてもである。特に山形のササニシキはランクがAではない。消えたも同然である。原因は夏の暑さである。昔は昼夜の気温差が大きくあった。だから、おいしい米ができたのである。ところが最近は昼夜の気温差がなくなり夜も暑い。現在の品種では対応できないのである。九州はもともと暑さに強い品種を栽培している。それに食味を向上させる努力をしている。東北より質の良い、美味しい米ができるのは当然である。北海道も同じである。東北の米は旨いという常識は昔の話になってしまったのである。私が個人の見解でいっているのではない。農水省の評価基準がそのように言っている。
玄米アミノ酸 評価が下がったということは価格も出ない。人気も落ちる。収入も減るということである。これに気がつかない人が大多数である。気がついた時にはとんでもない差になっている。それが農業である。

 「米はなんとなくわかるけれども、野菜はそんなことがないだろう…」野菜も同じなのである。長野の高原野菜が大苦戦している。北海道が超元気である。理由は夏の暑さである。夜の気温が下がらない、高原でも平地と変わらないような気象条件になってしまったのである。病害が多発して害虫が暴れまわる状態である。鮮度が悪い、玉のびしないのである。北海道の方がより気象条件に合うようになってしまったのである。

 産地ブランドの価値が大きく変化しつつある。流通体系が根本から崩れつつあるといってもいい。これがすべて異常気象が原因なのである。言葉を変えれば産地ブランドになるほど異常気象への対応が遅れてしまっているともいえるのである。市場の評価も大きく違ってくる。消費者は美味しければ文句はないのである。古い産地は売れずに新しい産地が売れることになる。この話は産地に限らない。個人でもいえる。異常気象に対応できている方は収量も品質もよく収入が確保できている。対応できてない方は収量も品質もガタ落ち、収入も大幅な減収になっている。耕作放棄の大きな原因にもなっている。考えてみると農業は変化に対応しにくい業種である。やり方を変えろと言われても、どう変えていいのか見当もつかない人がほとんどなのである。

 それだけではない。農協や県の農政課、国の農水省という方々も、まったく興味を示さない。危機感0である。もっとも関心が高いのは実際に作物を口にする消費者なのである。消費者によって、産地や作物価格が強制的に変えられているといってもいいのである。この傾向は今後、さらに急加速する。

玄米アミノ酸 どこに、もっと身近なことで理解されることが起きてくると思うか。それは意外にも農作業をする人の健康である。高齢化が進行して夏の作業がより一段と厳しさを増している。熱中症で倒れる人も年々増えている。人間がこれだけ大変なのだから、作物はさらに大変なのはごく自然である。ではどうすればいいのか。化学肥料や農薬をできるだけ使わなくてもすむようにすることが第一である。目の敵にしているわけではない。異常気象にもっとも弱いのが化学肥料と農薬だからである。

玄米アミノ酸 理由は単純。土壌にもっとも打撃を与えるからである。地力を弱くする最大の原因といってもいい。それは多くの方が経験していると思う。次にロータリ耕をやめることである。ゲリラ豪雨でもっとも被害が大きいのがロータリ耕の過細土だからである。すぐに酸欠になって根腐れになる。次に大型の機械はなるべく使わないことである。大型の機械を使うほど土に圧力をかける。土が機械の圧力で重粘土化する。最後にF1の品種改良を重ねた品種を選ばないことである。品種改良されたものほど異常気象に弱い。以上であるが、できるだろうか。どれをとっても難しいものばかりである。「俺に農業をやめろというのか…」と思われる方もいるかもしれない。それぐらい異常気象というのは農業の根本的な見直しを生産者に迫っているのである。今までどおりにやって敗者となるか、思いきって改革して勝者になるか、それはあなた様しだいである。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!