石油がいつ大暴騰するのか!円がいつ大暴落するのか!誰もわからない。危機に備える時が来た!

石油がいつ大暴騰するのか!円がいつ大暴落するのか!誰もわからない。危機に備える時が来た!

玄米アミノ酸 世の中はめまぐるしく変化している。この変化はさらに急に激しく早くなっていく。え!という間に大変化する。それは外国を見ていればすぐに理解できる。イランという国がある。アメリカと対立して核開発をしている。そのためにアメリカはもちろん、ヨーロッパからも経済の制裁を受けている。その結果、外貨を得る主製品の石油が輸出できない。国内通貨のリアルは大暴落、日常生活の食品や雑貨が不足して大インフレになっている。大暴落といっても、対アメリカドルで1/4に急落してしまったのである。日常生活が1/4に圧縮されたといっていいでしょう。物が入って来ないので一週間でヨーグルトが倍の価格になった、などという話は日常的に起こっている。

玄米アミノ酸 「それはイランの話でしょう…」いいえ!違います。スペインやギリシャ、そして中国でも似たような状況になっているのである。スペインでは戦争もしていないのに失業率が20%。失業率が20%という状態は想像できないだろう。普通に食べることのできない人が街の中にあふれ出すのである。中南米やアフリカの貧困に近い状態になる。「日本はそんな風にならないよ…」それは事実がわかっていない。2010年2月以降、金融円滑化法が実施され、借金しても利息だけを支払えばよくなった。それが今年の3月で期限切れになる。この法律は中小企業が対象になっている。その数、なんと30万社〜40万社である。元金の支払いができなくなり、この会社が倒産したら失業者は一気に増える。そんなことは知らなかったではすまないのである。

玄米アミノ酸 日本は資源の少ない国と昔から言われている。もしイランとイスラエルが戦争したら石油価格は大暴騰する。単純に円が現在の78円から160円になったとしよう。化成肥料も農薬も現在の倍にハネ上がる。化学肥料に頼って農業をしている方は利益が出るわけがない。石油も倍になったとすると、化成肥料は一気に4倍にハネ上がる。これが日本のおかれている現実なのである。当然、生産品は急上昇する。物も少なくなる。スーパーには入荷しない状況になる。店に行っても棚はガラガラ、すぐに売り切れ、パニックである。現在の日本では考えられないと思うだろう。すでに世界の経済は末期症状に入っている。どこで何が起こっても不思議ではない。生活の大半を外国に頼る日本では外国に何かが起こったら大きな影響が出るような仕組みになっている。

 国がなんとかしてくれるさ…。その国がもう国として機能していない。それは多くの方が知っている通りである。「どうすればいいの…」まず有事に備えるべきである。何が大きく影響を受けるのかをしっかりと考えてみなくてはいけないのである。誰もが自分のことで精一杯になる。ゆとりをなくす。そうなる前に備えをする必要に迫られているのである。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!