「菅原文太」が有機農業を始めた! その理由とは…

「菅原文太」が有機農業を始めた! その理由とは…

玄米アミノ酸 菅原文太という俳優がいる。映画好きの人なら誰でも知っていると思う。1933年仙台で生まれた方である。その人が3年前から山梨県で有機・無農薬農業を始めたのである。広さは3ヘクタールだから、規模としてはまずまずである。菅原さんは農家に生まれて幼い頃の自然が頭にあった。現在の農業を見ると自分が幼い頃の記憶にある農業とあまりにも違ってしまったと感じたのである。昔の農業がなぜ出来ないのか、それが農業を始めた一番大きな理由だというのである。山梨県知事の依頼もあって「竜土自然農園」を運営することになったのである。これは大きな話題になっている。「え!あの菅原文太が農業をしているの…」と多くの人がびっくりしたのである。

 当の本人は、奥さんの農業好きに誘われるように自然に触れたいと思っただけらしいのである。ところが周囲が放っておかない。

 有機無農薬農業をやってみると多くの人と同じ問題にぶつかる。まず利益が出ない、手間がかかる、高く売れない、お客様が評価してくれない、病気で全滅することがある、天候に左右される等々である。

 菅原さんには他の人にないものがある。それは人脈と研究熱心さである。これは俳優時代に作られたのかもしれない。人脈は声をかけたら有機農業の達人がすぐに集まる。これは山梨県の県知事というネットワークもあるかもしれない。そこで基本と農業のやり方を学ぶことができる。

玄米アミノ酸 菅原さんは言う。「農業をやるとおもしろい。筋書きがないドラマがおもしろい。」

 役者より、よほどおもしろいというのである。役者として頂点を極めた人がいうのだから、そうかもしれない。うまくいかなかったことを後悔するのではなく、楽しんでいるのである。有機無農薬農業をやろうと思ったら、それぐらいの腹は必要かもしれない。

玄米アミノ酸 研究熱心さもある。80歳に近いというのに、オーガニック栽培で成功した人に学んでいるのである。数は少ないけれども、その地区に必ずいる。ほとんど周囲から奇人変人扱いである。ところが成功すると人の気持ちも変わる。自分もやってみようという人も出てくる。でも少数派に違いはない。成功している人には成功しているわけがある。面積は4反〜5反が手間をかけられる範囲と教えてくれた。

 そして、ヨーロッパ野菜など人が栽培していないものを栽培する。売り先はイタリアンかフレンチのレストラン。こだわりを評価してくれるところでないとダメなのである。

 菅原さんが農業をやる目的はもちろん収入のためや生活のためではない。農業をもっと楽しいものに、そして健康なものにしたいのである。そのためにネットワーク作りも始めている。興味のある方は「竜土自然農園」をインターネットで調べたらいいと思う。参考になることがあるかもしれない。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!