みどりの放線菌の使い方について詳しく教えてください

みどりの放線菌の使い方について詳しく教えてください

 「みどりの放線菌トリコ」を購入しておりますが、この使用、価値についてお伺いいたします。①「みどりの放線菌トリコ」は、玄米アミノ酸酵素粉体の代替品として使用できますか?②「みどりの放線菌トリコ」は酵素粉体と、同価値また、より以上の効力を持つものですか?③「米ぬかぼかし」また「土地改良剤のニームケイク入り」に使用したいと考えております。お教えください。お願いします。

長崎県 O様より

 FAXありがとうございます。大変に重要な質問をしていただき感謝です。
①みどりの放線菌は、玄米アミノ酸酵素の粉体とは同様に扱うことができません。その理由はみどりの放線菌は糸状菌で有機物を分解してくれる酵素ではないからです。基本的な用途がまったく違います。玄米アミノ酸の酵素は有機物を分解してくれる酵素です。みどりの放線菌は悪いカビを食べてくれる拮抗菌です。温度帯も違います。玄米アミノ酸酵素粉体は55℃〜65℃の中温で分解してくれます。みどりの放線菌は30℃〜40℃で培養します。それ以上の温度では死滅します。ですからみどりの放線菌は玄米アミノ酸酵素の粉体の代替品としては使えません。
② ①で話をしたように用途が違います。病害の80%はカビと言われています。そのカビに対応できる拮抗菌が少ないのです。みどりの放線菌はその中でも数少ない悪いカビを食べてくれるものです。
③米ぬかぼかし、ニームケイクに使用する場合の注意点は温度です。30℃〜40℃でぼかしが安定している状態でみどりの放線菌を1%入れてかきまぜてください。見事に繁殖します。1%でいいわけですからコスト的には見合うと思います。みどりの放線菌を入れて1〜2週間ぐらいで培養ができると思います。

関連記事

  1. 白菜も大根も大量のアブラムシにやられました!
  2. 青虫、ヨトウ虫、カブラハバチの発生で困っています!
  3. 土壌のPHは7!肥料不足のような状態です。今年と同じようにトマトの収穫を1.5倍にするには・・・
  4. 落花生が全滅!なぜでしょうか・・・?
  5. ネギの葉にしまりがなく出荷できなくなりました!病気なのでしょうか。
  6. 玄米アミノ酸のぼかしが大量に出来ると聞いてメリットを感じています。
  7. 高温で青枯れが発生!原因がよく分からない・・・
  8. ニーム酵素液は、露地栽培で害虫防除が本当に可能なのでしょうか。
  9. イチゴの高設栽培をしています。9月の定植までに注意することは何ですか?
  10. ミディトマトの循環式水耕栽培をしています。