その年の作物を決定する「光合成」!「ここ」が利益を生み出すもとである!

その年の作物を決定する「光合成」!「ここ」が利益を生み出すもとである!

玄米アミノ酸 農業をやって利益が出ないのはなぜか。理由が山ほどある。物作りのすべてに共通していることだが、「ここ」が肝心というところがある。ほとんどのことは教えてもいいが、ここだけは教えることができないというところである。どの企業にもシークレットというのがある。それが差別化を生み出すもとである。言葉を考えると利益を生み出す源泉になる。農業の「ここ」はどこなのだろうか。

 農業は一般的に秘密主義である。人に教えたらマネをされてしまうと思うらしい。その秘密はどの程度のものなのか。実は秘密にするほどのものではないことが多いのである。それを知ったからどうなるものではないということを知らないだけなのである。

玄米アミノ酸 本人だけが、これを知られたらマズイと思っているのである。いかに情報が不足しているかである。

 農業の「ここ」はどこの「ここ」なのか。それは光合成である。「え!光合成なの…」光合成を制するものは農業を制すである。植物が育つというのは光の力以外の何物でもない。特に異常気象になり、乱高下する昨今は大きな意味がある。光と気温の寒暖は深い関係にあるからである。例えば春が凄く寒かったとしよう。花はどうなるだろうか。小さい花しか咲かない。光があっても温度がないと大きな花にはならない。花がどうなるかはどれくらい重要だろうか。その年の作柄を決めてしまうほど重要である。それほどに重要なことなのに、多くの生産者は手を打つことができるのだろうか。

 チッソ・リン酸・カリにはこだわるが光合成にこだわる人はほとんどいないのである。一年の収量も品質も決めるというほど大切なのに関心がない。自然まかせで終わりである。言葉も出ない。実は光合成資材がほとんどないのである。花を大きくする資材なんて聞いたことがないと思う。

玄米アミノ酸 「玄米アミノ酸の酵素液」は唯一、それができるのである。花芽の時に使うと、どうして花が大きくなったり、落下が少なくなったりするのか。そして遅霜でも回復が早くなるのか。それはすべて「遊離アミノ酸」に答えがある。アミノ酸は遊離していないと効果を出すことはできない。アミノ酸ならみな同じだと考えてアミノ酸入りを使ったとしても、それはすでに有機物と結びついていて、働くことができない状態にある。

 アミノ酸が遊離していたら、どうなるのか。すぐ効果を出すことができる。細胞はアミノ酸を取り込み成長させることができるのである。だから花は大きくなり、遅霜の寒さにも回復が早くなる。

 遊離したアミノ酸というのは、「玄米アミノ酸酵素」以外にはない。それぐらいのスグレ物なのである。花芽の時期に使えば効果は絶大なのである。使う時期さえ間違わなければ不作ということはなくなるのである。言葉を変えれば必ず利益が出るようになる。それが農業の「ここ」である。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!