7月は化学肥料で作った畑と有機肥料を大量に入れた畑を見てほしい!何が起こっているだろうか…

7月は化学肥料で作った畑と有機肥料を大量に入れた畑を見てほしい!何が起こっているだろうか…

玄米アミノ酸 乳酸菌のもみがらぼかしを作って肥料にする方がもの凄く増えた。その効果は実感されていることだと思う。実感といっても最初だけで次からは当たり前になる。当たり前が悪いわけではない。当たり前になると気移りしてくる。「あれもやってみたい」とやってみる。しかしそのうちに元に戻る。これは大きな損失である。乳酸菌のもみがらぼかしの効用を忘れないためにやってほしいことがある。7月は雨が多く気温も上昇する。特に今年は真冬から初夏である。春がなかったと言ってもいい。こんな年に化学肥料をたくさん使っている人の畑を見てほしいのである。それから有機肥料を大量に入れているところも見てほしいのである。それには理由がある。

玄米アミノ酸 気候変動で気温の変化が激しくなればなるほど化学肥料の畑も、未熟な有機肥料を大量に入れているところも大きなダメージを受ける。化学肥料は作物が育たずに虫害が大きく出る。ネコブ・センチュウも多くなる。土の砂漠化はさらにひどくなる。作物も育たない。果樹は花が小さく、実も小さい。ほとんど収入にならない状態のところが多いはずである。これは微生物不足が大きな原因である。化学肥料は点滴のようなものだから、もともと微生物を培養しない。そこに気候の変動が重なればさらに微生物は減少する。土の保水力もなくなる。地力もなくなる。これが加速する。7月の気温が高いほど夏の収穫は早く終わる。その畑と乳酸菌もみがらぼかしを入れた畑を比較してほしいのである。どれだけの違いが出るのかである。その違いは利益の大きさに直結している。

玄米アミノ酸 未熟の有機肥料をたくさん投入した畑も見てほしい。これは化学肥料よりも、もっとひどいはずである。カビ・フザリウム、そしてネコブ・センチュウ・ヨトウ・コナジラミなどの害虫、それから青枯れ、立ち枯れ、葉の病気など手当てのしようもないほどに大きなダメージを受けているはずである。

 そのような状態になるわけは、もともとカビが出て嫌気醗酵させた未熟なものを土に投入したからである。トラブルのオンパレードと言ってもいいと思う。こうなるとトラブルが出た後の処理にほとんどの時間が使われる。農薬は使う回数も多くなることだろう。この暑い中では体力も失う。いいことは何一つとしてない状況になる。すべては入れてはいけないものを入れたことから始まっている。

 乳酸菌のもみがらぼかしを使うと草は背の低いものしか出ない。虫も少ない。病気は出ても広がらない。どれだけ楽かである。これが確認できるのが7月なのである。言っておくが、もみがらぼかしを使って病気が出ても農薬を使ってはいけない。使うのはみどりの放線菌である。病気は出ても広がらなければいいのである。慣行農法との違いを明らかに目で見ることで、どれだけ恵まれているのかを実感できると思う。また学習にもなる。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?