超むずかしいマンゴー栽培を半年で完全マスターした勉強法とは…

超むずかしいマンゴー栽培を半年で完全マスターした勉強法とは…

玄米アミノ酸 仕事をするには技術力も大切である。お金の管理も重要である。それはそうなのだがそれ以前にも大切なことがある。「それ以前なんて何があるの…」青年の頃にやっておかなくてはいけないことである。それは「成功をする学習法」である。学習をする基本である。もっと具体的にいうと、自分自身の最高の宝物「脳」の使い方である。これができていないと成功はできないのである。「え!また勉強か…」「がっかりですね…」でもこの勉強は序列も点数もない。ただ楽しくなるだけの学習なのである。この学習の方法だけを身につけることができれば最短で結果を出すことができる。



 その具体例があるので紹介したいのである。鹿児島の屋久島に寺本さんという方がいる。マンゴーの栽培をしている方である。寺本さんから最初にFAXをいただいたのは昨年の5月13日である。マンゴーの栽培で苦労されていた。試行錯誤のくり返しだった。うまくいったと思ったら次の課題が出てきて壁に突き当たるのくり返しだった。

 何か手がかりが得られるのではと思ってFAXをしてきたのである。
 そのFAXを見て、私はすぐにマンゴー栽培の名人である外園さんを思いついた。「外園さんに会って詳しい話を聞いた方がいいよ」とアドバイスをしたのである。

 寺本さんからの返事は次の通りである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
外園様を紹介有り難うございました。
 連絡取りましたが超多忙にて、鹿児島指宿の庄野様を紹介していただき、先月ハウスへ行きました。庄野さんは外園さんより2年早くポット栽培を手がけたそうです(地植に失敗)

 ハウス内のマンゴー(アーウィンetc)はそれはそれは素晴らしいもので写真をとり、今はその写真を見ながらイメージをふくらませております。
時間が無く、要点だけ聞き、後はtelをいつでも良いからして下さいと声をかけてもらい、ありがたい事です。

 外園さんが“つぶやきパート2”を出されてます。内容がスゴイ!!宮崎のマンゴーのポット栽培が急加速で進むでしょう。“つぶやき”はパート1と2がありますが、2の方が良いと思います。直接外園さんへFAXされたら送ってくれます。
 先日、マンゴー台木用種が手に入り、種をまいた所です。自分で苗から作って販売もコントロールする。今年は大失敗でしたが、失敗のおかげで夢が現実のものになる様な気がします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 外園さんは「マンゴーのつぶやき」というすばらしい本を出版されておられる。ここにはマンゴー栽培の基本が書いてある。不思議な話だけれどもマンゴーの栽培については資料らしい資料がほとんど存在しないのである。それを苦労をしながら作り上げた先駆者である。外園さんは2006年の7月号のニュースレターで取り上げている。玄米アミノ酸を使い始めてから劇的に品質が向上したというのである。

 寺本さんは外園さんからよく話を聞いてしっかり基本を研究されたのだと思う。初めてお便りをいただいてから半年後の10月末に封書が届いた。その後の近況報告とだけあった。
 寺本さんからのお便りは次の通りである。

その後の近況報告です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 台木種から出たマンゴー大小バラバラですが、80本程有ります。
9月、2年ものの台木(100本)が手に入りアップルマンゴーを接木した所です。
情報誌にのせてもらったパパイヤ、今は高さ1.5〜2.5mになり市場他へサンプル出荷を始めました。野菜用ですが反応は上々です。
80lポリポットへ移植したアップルマンゴーの大苗です。これは良く“め”が出てますが、10%は失敗しました。来年には5〜6コ収穫予定です。
6〜8月穫りのパッションフルーツですが、今年は初めて冬穫りを始めました。ボカシが効いているのか、甘味が十分有りお客様も満足です。島内出荷ですがいくらでも売れます。
玄米アミノ酸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 寺本さんが生き生きとして楽しそうに果樹栽培されている様子が手に取るように伝わってくる。明るい将来が予測できているのである。もし寺本さんが外園さんとの出会いがなかったら、わずか半年でこのように劇的に変化できただろうか。もし出会いがなかったら、いまでも試行錯誤をくり返して壁にぶつかりながらのわずかな前進だったのではないだろうか。

 「それは外園さんという先生がいたからでしょう。そんなの当り前だよ」と思われるかもしれない。そこが大きなポイントなのである。寺本さんは外園さんから成功する方法を学習した。だから成功したのである。これが成功を実現できるもっとも効率的な学習方法なのである。楽しいことばっかりの学習方法なのである。寺本さんは外園さんと出会うことで成功するイメージができた。成功するプロセスのイメージができた。その通りにやったら、わずか半年で劇的に成功が現実のものとなった。成功していない方は是非、この方法を参考にしてほしいのである。これが楽して儲かるの神髄なのである。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!