根こぶにやられながらも12tものトウガンを収穫できたオドロキ!

根こぶにやられながらも12tものトウガンを収穫できたオドロキ!

 私は沖縄県宮古島市でトウガンを今年から栽培している者です。
 既に貴社で販売しております玄米アミノ酸(2000倍)希釈液を3本(他にサンル2個)を使用させていただきました。効果は十分あったものと思います。と申しますのは、トウガンの今期収穫を終え、抜き取り作業を実施していた時のことです。根っこがこぶ状になっており、初めて見ましたのでびっくり致しました。よくぞこの様な状態で5アールから12トンも収穫できたものだと驚かされました。私の想像?ですが、玄米アミノ酸のお蔭様(灌水、葉面散布が光合成を活発にさせ、根からの吸収を助長した効果だと思います。もしネコブが無く正常な根の状態ならかなりの収量があったのではと思われます。)
 そこで、(株)ライフメール様にご相談申し上げたいのは、ネコブセンチュウに有効なのは、農薬も様々あると思われますが、玄米アミノ酸で土壌改良したいと、或いは出来ないものかと(ぼかし等々)考えまして貴殿にご教授願いたくお願い申し上げます。5アール全体に施肥できる量を生産したいと思います。
 最後に誠に勝手なお願いを申し上げまして大変失礼の段お許し下さい。
宮古島市 Sさま

FAXありがとうございます。
玄米アミノ酸 普通ではあり得ないことが起こりましたね。根っこがこぶになるほどセンチュウにやられながらも冬瓜を12tも収穫できたなんてすばらしいです。しかも5アールですよね。さらに玄米アミノ酸がわずか1リットルを3本だけですよね。

 実は私もびっくりしています。光合成がこれほどの力でこれほど収量に結びつくとは信じられないほどうれしい限りです。ウリ科のものには抜群の効果があることがさらに確認できました。

 土壌改良は玄米アミノ酸ぼかし100kgにミネラル鉱石を1%まぜて、さらに醗酵ニームケイクを20%まぜて、8月・9月・10月の3回投入して下さい。センチュウが暴れることはなくなります。来年はさらに凄い収量になるでしょう。

関連記事

  1. 大切に育てられた「みかん」は甘味・旨味・コクともに抜群の味でした!
  2. 大玉なのに、きめが細かくて、甘くて、ジューシー最高の「太秋柿」です!
  3. あの時、食べたナスの味が忘れられない!とてもおいしいナスでした。
  4. 果物栽培の裏年がなくなれば名人級の生産者です!
  5. ジューシーで自然な深い味わいに感動です!
  6. 夏穫りのジャガ芋なのに澱粉の多さと質の良さにびっくり!
  7. 直売所でも大人気のトマトをおいしくいただきました!
  8. ご挨拶 今年のテーマは玄米アミノ酸微生物農法で「高収入」の実現です。
  9. 玄米アミノ酸微生物農法は異常気象に強いことが証明された一年でありました!
  10. 一口食べて、ジューシーさと甘さにびっくり!