熱い時の病虫害対策はできてますか!

熱い時の病虫害対策はできてますか!

玄米アミノ酸 気温が上昇すると出てくるのが病虫害である。温暖化は進む一方だから病虫害も毎年、深刻になっていく。忘れてほしくないのは病虫害の最大の予防策は植物を元気にすることである。決して農薬などの対処療法ではない。農薬は使いすぎれば植物を弱くするだけなのである。


(1)アミノ酸ニーム酵素液
 500倍希釈で使ってほしい。すでに害虫が出ている場合は農薬でおさえてからすぐに追いかけて使うといい。農薬を使う場合でも、アミノ酸液体は併用をする。併用することで植物へのダメージが少なくできる。
 アミノ酸ニーム酵素液を使う場合は展着剤を少量入れること。多少の油分があって、葉に付着せずはじいてしまう場合があるからである。アミノ二ーム酸酵素液は日の当らない場所に置く。少し油分があるので油分が酸化するからである。

玄米アミノ酸
(2)アミノ酸醗酵ニームケイク
 今の時期はぼかしがとても作りやすい。ぼかしが出来てから醗酵ニームケイクをまぜる。まぜたらすぐに土にすき込みをする。?でも書いたが、ニームの持っている油分を酸化させないためである。土壌病害が出ている場合は少し多目に入れる。10アールで150kgほど。セン虫やヨトウ虫、ネコブがあっても広がりを見せなければ大丈夫である。暴れなければいいわけである。醗酵ニームケイク+ぼかしでおとなしくなると思う。

玄米アミノ酸
(3)天然ミネラル鉱石
 アミノ酸の粉体と1対0.1でまぜて土を掘って根の先端にひとにぎりずつ置いていく。根の張りがよくなれば自然に病虫害は減っていく。ぼかしと1対0.1でまぜてもいい。使い方は同じである。手間がかけられる時はぼかしで時間がない時は粉体でいいと思う。1対0.1にしたのは即効性を狙ったのである。病虫害にやられている事をイメージしている。

玄米アミノ酸
(4)果樹はアミノ段液体の葉面散布
 果樹は予防の消毒を回数多くやるので、この時にアミノ酸液体を使う。防除の時だけでなく、着果後の玉伸びを期待して使う方法もある。また光合成を活発にするために使う方法もある。アミノ酸単体だけの葉面散布でも大きな結果が得られる。

(5)メロン収穫期にはアミノ酸葉面散布
 メロンは収穫最盛期に入っていると思う。アミノ酸葉面散布はこれからでも遅くない。玉伸びの効果はわずかでも糖度を上げる効果は期待できる。あきらめないで使ってみてほしい。今年の結果が来年につながるわけだから、しめくくりを大切にしてほしいのである。

関連記事

  1. 猛暑に強い!玄米アミノ酸 米ぬかぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!
  2. 夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!
  3. 植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~
  4. 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法
  5. 玄米アミノ酸米ぬかぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!
  6. 最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」
  7. 育苗は根を作ることが最大の目的
  8. 冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!
  9. 冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!
  10. 冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!