収穫の最盛期になぜ「高温障害」にやられるのか?

収穫の最盛期になぜ「高温障害」にやられるのか?

玄米アミノ酸 梅雨が明けたらもの凄い暑さになった。今年も最高気温は更新されるだろうと思う。お盆の前後には都市の電力供給が追いつかなくなり、突然停電という事態も安易に想像できる。温度はいったい何度まで上がるのだろうか。
 例年の事であるが8月の野菜は馬鹿高くなる。理由は簡単である。野菜が出来ないのである。野菜だけではない。果物も心配である。野菜と同様に高温障害で焼けてしまうのである。野菜や果物の値段が高くなるのを見て「こんな時にたくさん収穫できたら儲かるのにな〜」と誰もが思うことだろう。


 店頭に商品が並んでいるということは、一部の人ではあるけれども、しっかりと利益を得ている生産者は現実にいるわけである。この格差はどこで生まれてくるのだろうか。

 実は高温障害も低温障害も障害を発生させる理由は同じなのである。夏場の高温障害も春先の遅霜、冬場の寒気対策も同じなんて信じられないだろう。寒さに強ければ暑さにも強いのである。逆を言えば、対策は同じ方法で良いわけだから難しくないということになる。

玄米アミノ酸
 もっともわかりやすい高温障害から説明しよう。このように暑くなる前の7月は雨が多く、日照は不足していた。7月の雨はしとしと降り続く梅雨なんていうものではない。局地的には一時間当り何百mmも降る豪雨になる。暴風雨をともなって大型台風並みの雨風になる。このように水分が多いと根っこがどのような状態になるか。いつも水分がたくさんある環境に置かれる。根は水分を吸収するために努力しなくなる。太い根が出て毛細根は出なくなる。ノッペラ棒の根になる。そして8月になると急に日照りになって水不足である。根っこは急激な水不足に対応できるはずがない。ほんの少し前までは充分なほどの水があったわけだから、根は日照りに耐えられず高温障害になる。

玄米アミノ酸
 水分量の急な変化が高温障害になることがわかった。この対策はもちろん排水である。排水が悪いと低温障害も起こしやすい。理由は単純で水は冷えやすい。

 高温障害は土壌の温度と通気である。夏場の収穫が早く切り上がってしまうほ場には共通点がある。それはマルチである。草が生い茂る対策と思っているかもしれない。マルチは湿度が高い時も温度が高い時も通気は悪くなるわけだから土の中の温度は必要以上に上がってしまうのである。温度が上がれば水蒸気が出る。水蒸気はある意味不要な老廃物を吐き出しているわけである。水蒸気はマルチにぶつかって土に戻ってきてしまう。病気の原因になる。通気が悪くなって起こる高温障害である。夏場のマルチはおススメしない。デメリットが多すぎる。

玄米アミノ酸
 通気の方はわかったとして、「地温」である。この意味がわからないと高温障害も低温障害もわからない。地温を作っているのは酸素である。土壌の酸素が多いか少ないかで地温は決まる。酸素が多ければ、冬場なら日中の温かい空気を抱いて朝の寒さに耐えられる。夏場なら夜の冷涼な空気を抱いて日中の高温に耐えられる。

 だから酸素の少ない土壌は高温にも低温にも弱い。化成を長期間投入して硬くしてしまった土壌はもちろん高温障害になりやすい。昔から土壌をふわふわにして、土作りを目標にというのはこの意味なのである。土壌に酸素を多くするには耕作土を深くして微生物を増やすことである。これ以外にはない。土壌に酸素を作れるのは微生物だけである。

玄米アミノ酸
 近くの生産者は遅霜で手ひどい枯害になったけれども、私はぼかしを入れておいたので大丈夫という例はたくさんある。

 高温障害も低温障害も同じメカニズムから発生するということがだんだんわかってきたと思う。「そりゃわかるけど、もう少し早く教えてよ。収穫はもう終わってしまったよ。」だから、今月号で取り上げているのである。高温障害は病虫害とは違う。対策には1年かかるのである。

 すでに来年の栽培は始まっているのである。低温障害、高温障害にやられた生産者は8月から対策を立てなくては、来年また同じ失敗を繰り返してしまうのである。

玄米アミノ酸
 8月の気温が毎日30度をこえる今こそ「玄米アミノ酸」のぼかしを10アール、200kgほど入れて20cm〜30cmほど深く土を起こして、土壌の菌層を悪玉菌から善玉菌に変えるのである。そして土壌の酸素をふやして微生物が棲みやすくする。ぼかしも今なら一週間で出来る。もっとも作りやすい季節である。

 最後にもう一つ高温障害になる理由がある。これは果樹と果菜に共通している。葉肉の厚さである。ごわごわというのはもちろんよくない。これは単なるチッソ過多。葉は大きくなく、小さくなく、裏のうぶ毛がしっかりと立ち、色もよく葉に厚みもある。このような葉を作るには根がしっかり張ってないと出来ない。

玄米アミノ酸
 葉肉がしっかりしているとなぜ高温障害になりにくいかというと、光合成をすることが出来るからである。葉肉が厚いほど深い呼吸ができる。栄養を作りやすい。葉肉が薄いと呼吸は浅く栄養を作れない。栄養がなければ体質は弱く高温になるとバッタリと倒れてしまう。

 高温障害も低温障害もなぜそうなるのかという原因は共通している。ということは今年障害を発生していれば来年も障害を発生するということである。対策は早いに越したことない。来年こそはしっかりと利益を取ってほしいものである。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!