土壌病害をくり返さないために土壌を調べる基本がある!

土壌病害をくり返さないために土壌を調べる基本がある!

玄米アミノ酸 土の基本は大きく3つに分けられる。
(1)物理性質
(2)化学性質
(3)生物性質
そんなむずかしい事はどうでもいいと思わないで欲しい。植物を育てるには土壌の性質を知らないとどうにもならない。


基本中の基本なのである。基本というのは毎年、くり返し使うという意味である。

 基本を知らない為にどれだけの大きな損失をしているかを考えてもらいたい。土壌病害にしても連作障害にしても基本をおろそかにするから出てくるのである。最近は特に農業生産が分業化されて工場生産のような仕組みとなっている。作業を簡素化する事も必要である。ムダな労力は払う必要がない。しかし簡素化していけない所まで簡素化してはいけないのである。例えば肥料作りを他人にまかせるとか育苗を他人にまかせるとかである。他人にまかせても、その内容が充分に把握できていれば問題はない。お金を出して市販されているようなものを買ってくるようなやり方では簡素化しすぎなのである。

 そこで自分でやるにしても、他人にまかせるにしても大事なポイントをしっかりと把握しておく必要がある。土を調べる基本を確認してみよう。

 土を調べる基本は中世のヨーロッパにある。ヨーロッパでは税金を取る為に土壌分析を始めた。肥沃な土地に高い税金、やせた土地には低い税金をかけたのである。その結果、特にドイツでは農業化学が発達した。日本はそのドイツに学んで農業の近代化を始めた。だからチッソ・リン酸・カリなのである。しかし土壌に必要なのはこれだけではない。もう少し大きく、詳しく見る必要がある。

(1)土壌サンプルはどうやって取ればいいのか
 土壌を分析する場合、サンプルの取り方がある。これはとても重要である。サンプルを取る場所によって、そのほ場を正しく分析できているかどうかが決まる。適当に取ればいいと言うものではない。
◎畑の中心の土を取る
 外界の影響を受けない所を選び出す。
 周囲の影響がある畑の端の部分では判断を誤ってしまう。
◎表面の5cmぐらいの土地は捨てる
 上から5cmぐらいはどの土も肥料成分が豊富である。
 その土を分析しても意味がない。この土は最初から対象外で捨てる。
玄米アミノ酸◎土のサンプルは三段階の深さで取る
 土のサンプルは0〜10cm、10cm〜20cm、20cm〜30cmと
 三段階の深さで取る必要がある。
 表面から10cmぐらいは何の問題もない場合が多い。
 しかし20cm〜30cmではまるで違う数値が出てくる。
 びっくりするぐらい違うのである。
 もっとも大切なのは20cm〜30cmの一番、深い所である。
 そこに根をはるからである。
◎土のサンプルはいつ取るか
 土のサンプルは収穫後に取る。
 投入した肥料と使用後の落差を見る為である。
 どういう成分が主に吸収されているのかがわかる。
玄米アミノ酸◎分析のためにどれくらいの土の量が必要か
 玉子2個分、約100gというのが基本である。
 300g もあれば充分である。500gまではいらない。
(2)土壌の物理性質
 土のサンプルを取る基本の次は性質を調べる基本である。まず物理性質から始める。
◎土の硬さ、やわらかさ
 自分でスコップを持ってやるのが一番早い。
 もちろん使うのは剣先スコップである。
 毎日入っているほ場だから土の硬さを計測する必要がないと思われるかもしれない。  しかし施設園芸では10cmしかスコップが入らないほ場はザラにある。
 特に水田の転作ほ場は硬い。
◎気体・液体・固体の三層分布を調べる
 理想的な三層分布の状態は固体40%液体30%気体20%である。
 これを調べるには円筒管を用意して分布状況を把握する方法がある。
◎作土層の厚さ
 土の硬さとも関係するが作土層の厚さは何?かということである。
 根が張れる深さはどれくらいかと言ってもいい。
 植物が栄養を吸収できる土の厚さである。もちろん厚い方が収量は出る。

(3)土壌の化学的性質
 これはいつもやっている事でわかりやすい。
◎土のP・H(酸性かアルカリ性か)
◎肥料成分量(E・C)
◎有効態リン酸の量(100gに10?〜30?)
◎保肥力(C・E・C)
◎交換性 石炭
◎交換性 マグネシウム
◎交換性 カリ

 土壌分析と言えばこの化学性が出てくる。しかしこれがすべてではない。一部である。全体を見て、化学性の数値が適正であるかどうかを判断する。化学性がいくらよくても作採はまったくダメというのもあり得るのである。(化成肥料でバランスを取った場合)

 2010年が始動した。今年こそはと希望に燃えていることと思う。そこで何から出発するかというと土壌の基本である。土づくりについては4回シリーズでお伝えした。
春の栽培に間に合うようにしたのである。土づくりの前にやることが土壌分析である。ここが出発点である。ここが見えなくては何をしていいかまったく見えなくなる。今年の作がうまくいくかどうかは出発点をいかにつかみきるかにかかっている。

 これは土壌の膨軟性である。微生物が多いほど土壌には弾力が出る。ふわふわになる。土壌がふわふわになるということはそれだけ土の間に酸素があるということである。それには玄米アミノ酸のぼかしを投入する。これは体感できる。それ以外に方法はないのである。

 以上が土壌を調べる基本である。土壌は調べれば調べるほど農業生産が上達するようになる。農業が楽しくて仕方がなくなるのである。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!