畑一枚まで徹底した損益管理をしているオドロキの有機農場がある!

畑一枚まで徹底した損益管理をしているオドロキの有機農場がある!

玄米アミノ酸 「ワタミ」という居酒屋チェーンがある。全国に600店舗を展開している。特定有料老人ホームも経営している。東京都内で私立学校まで経営している。居酒屋、学校、老人ホームとバラバラなことをやっているようにみえるが、実は根本にあるコンセプトが「食」


この食で圧倒的な差別化ができると考えている。そのために「ワタミファーム」を作った。作物はすべて有機栽培のJAS認証商品である。作った作物のほとんどはワタミグループで消費される。ワタミグループで使われる全野菜の消費量の1/3を生産している。

 ところでまた疑問が出てくる。採算は合っているの…。誰が作っているの…。居酒屋のワタミと言えば大衆向けの外食チェーンで安さが売物である。老人ホームにしても全国展開を目標にしているリーズナブルの一般向けである。学校は学食で使われる。これも高単価にはならない。それでも有機野菜を作って採算がとれるのだろうか。

 渡邉美樹社長によると初期投資のお金の回収はできていないけれど、単年度では黒字になっているというのである。これは凄いことである。有機野菜の生産を黒字にするために何をしたのだろうか。

玄米アミノ酸
 その第一はマネジメントである。いわゆる丼ぶり勘定を徹底的に排除した。ワタミファームで働くためには居酒屋チェーンのワタミ店長経験の資格を必要とするのである。

 ビジネス経験のないものには農場で仕事をさせない方針を貫いたのである。収穫に至るまで徹底的に数値化をした。生産物がダブついたり極端に少なくなったりすることがなくなったのである。安定供給ができるようになった。それだけでは終らない。畑ごとに損益管理をしてバランスシートがある。畑ごとに売上げいくら、経費がいくらとはっきり出てくるのである。こんな農業経営をしている人が生産者の中にいるだろうか。すべて売上げも経費も資金ぐりも農協まかせである。売先まで農協まかせである。自分の財布を人に預けてお金がふえることを期待しているようなものである。財布の中身がわかっているわけだから、すべて使われてしまうのは当然なのである。

玄米アミノ酸
 ワタミファームにサラリーマン的時間はない。畑にあわせて働く。繁忙期には早朝から深夜までなんてザラである。それでも不平を言う人はいない。それが当然だと思っている。その見返りとして毎月の収入は保証されている。まったく新しい農場経営である。

 ワタミファームが教えてくれることはいかに売先があることが大切かなのである。もちろん商品に規格なんてない。加工するのだからすべてを使い切る。それでも有機
野菜を使いたいという外食産業は存在するはずである。有機野菜はそのこだわりだけで圧倒的な差別化になる。あなたにもチャンスはあるはずである。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!