玄米アミノ酸ぼかし 六つのすごい複合効果 

玄米アミノ酸ぼかし 六つのすごい複合効果 

 収穫をする為にはどうしてもほ場に無理がでる。肥料もたくさん入れる。消毒もする。わかりやすく言うと畑をこき使うと言うことになる。畑の疲れが取れないとさらに問題が出てくる。連作障害。それだけではない。


土壌に残ったセン虫や根コブが再び暴れ出すと言うことも時々ある。これを防ぐ為に土壌消毒や土壌殺菌をする。害虫は死ぬが益虫も死ぬという欠点が残る。せっかく有機肥料を入れ、肥沃な土壌にしたのに、その努力は無駄になってしまう。
  そこで玄米アミノ酸のぼかしをおすすめする。このぼかしに醗酵ニームケイクを10%まぜる。最初から醗酵ニームケイクをいれてぼかしを作ってもいいし、できたぼかしにまぜてもいい。
 米ヌカ100kg+玄米アミノ酸粉体3kg+醗酵ニームケイク10kg
という割合になる。これに玄米アミノ酸液体を2000倍に希釈した水をを含ませる。このぼかしを10アールに100kgほどすきこむ。酸素が入るように30cmほどの深さにすきこむ。そうすると
  ? 土壌の改良ができる
  ? 微生物が繁殖する。
  ? 害虫がなくなる
  ?前作で残った有機物が分解される
  ?肥料分が分解される。
  ?ECが正常値に近づく
こういう結果が期待できる。
  土壌消毒や土壌殺菌をされる方は、それを実行した後に、二-ムケイク入り
の米ヌカやぼかしを使用するといい。消毒や殺菌ではできなかったことが可能に
なる。次回の作付をするまでの期間、畑は休息できる。そして微生物は栄養をもらい、エネルギーを蓄えることができになる。ほ場再生は人カでやるのではなく、微生物でやるのがもっとも楽で間違いのない結果が出る。
玄米アミノ酸ぼかしの使う方(?)
玄米アミノ酸のぼかしは簡単にできて、失敗がない。短期間で効カが出せ
る。この使い方をマスターする事によってむずかしい問題が解決できるようになる。
A元肥に使う
基準は10アールにOk9を入れる。
応用?ぼかしにチツソ・リン酸・カリの化学肥料を少量まぜる。各2kg前後、化学肥料が効果的に使えて弊害が少ない。
応用?微量要素または苦土石灰を少量まぜる。少量で効果が出る。味がよくなり、ぺーハーが上昇する。
B追肥に使う
10アールに50kg〜100kg
応用?黒マルチをしてすき込みができない時は上から置くだけでも効果が出る。通路でも効果が出る。
応用?不足している成分を若干まぜる。多すぎてはいけない。若干である。化成肥料なら1kg程度。
C土壌改良に使う
収穫後のほ場の元気回復、微生物を培養する事で土壌改良になる。10アール100kgが基本である。
応用?二-ム醗酵ケイクを1割ほどまぜる。せん虫、根コブ対策になる。応用?木酢などをまぜて醗酵させる。病害対策になる。
D肥料をつくる
バーク堆肥や腐葉土などの肥料をさらに効率をよくする。粉体を3%まぜて液体を2000倍に希釈して醗酵させる。※注意鶏ふんや牛ふん肥料はよく醗酵させたものでないと腐敗する場合があるので注意が必要。
応用?野菜くずなどのリサィクルをぼかしにする。リサィクル法が成立してからぼかしにしたものを供給する場合がある。それをさらに玄米アミノ酸でぼかして質をよくする。
応用?購入ぼかしを再醗酵させる。購入したぼかしは未醗酵の場合が多い。悪臭が残っていたり、ガスが残っている場合もある。再醗酵させてから使うと効率がよくなる。
 玄米アミノ酸のぼかしの応用は以上だけではない。まだまだ考えられる。
工夫できる所が楽しいのである。例えばヨモギやドクダミの薬草を陰干してまぜるとか。近くにあるものでも利用できる。まぜる場合は少量で結果が出る。これは不思議でしょう。それは微生物が働いてくれるからである。微生物がそれを食べると同じ性質を持ってしまう。例えば二―ムをたべると二―ムに似た性質を持った微生物になるのである。害虫は寄りつかなくなる。自然はおもしろいね。

関連記事

  1. 猛暑に強い!玄米アミノ酸 米ぬかぼかしは作りやすく、葉面散布の効果が目に見える季節!
  2. 夏の強い光を味方につけよう!「光合成」を最大限に活用しましょう!
  3. 植物の成育とともに病虫害も多発!~玄米アミノ酸ニーム酵素液と玄米アミノ酸醗酵ニームケイクの使い方~
  4. 病気に強く根の張りが抜群によくなる玄米アミノ酸の使用方法
  5. 玄米アミノ酸米ぬかぼかしに天然ミネラル鉱石は最強の組み合わせになる!
  6. 最高の土づくりが瞬間で可能になる「スーパー玄米アミノ酸ぼかし」
  7. 育苗は根を作ることが最大の目的
  8. 冬場は日照不足が頭痛のタネ!玄米アミノ酸酵素液の葉面散布で日照不足を解消!
  9. 冬場のうどん粉病が解決できれば収量は大幅にアップする!
  10. 冬場の米ぬかぼかしは消石灰を使うと楽に温度が上がる!