オバマが大統領になって産業構造がガラリと変わる!チェンジこそチャンス!

オバマが大統領になって産業構造がガラリと変わる!チェンジこそチャンス!

玄米アミノ酸 アメリカの大統領もオバマになって産業構造は一変する。ガラリと変わる。欧米型の石油を中心にした化石エネルギーによる成長は限界に達したのである。もし中国で12億台のガソリン車が走ったとするとそれだけで現在の世界石油消費量と同じになってしまうのである。
 中国、インド、ブラジルなどの新興国が豊かな生活を手に入れるためには、まったく新しいエネルギーが必要になってくる。自然エネルギーである。太陽光発電、風力発電、地熱の利用である。風力発電は原子力の4倍もの雇用創出効果があるというのである。


 ヨーロッパなどでは家畜の糞を醗酵させてつくるバイオマスなどが注目されている。当然のことなのだが人間は自然の恩恵を受けて生活をしている。自然を破壊しつづけて人類は生活の豊かさを得ることはできないのである。オバマ大統領が提唱するグリーンニューディール政策とはまさに自然を大切に共存共栄なのである。「それが農業と何か関係するの…」日本は常にアメリカを手本としてすべての産業が発展してきた。アメリカが変化をすれば日本も変化をしてしまうのである。

 ここが日本の農業界を見る中でも大きなポイントになる。日本は保守的な国だから自分から変化できない。黒船以来、すべて外圧によって変化してきた。東洋の小さな島国だから当然と言えば当然である。

玄米アミノ酸 オバマは産業構造を大転換させる。外国からあまり物を買わなくなる。自国の生産を優先するようになる。日本から物は買わなくなる。そうすると輸出ができないわけだから外貨は減る。外貨が減れば円は安くなる。アメリカがいままでのように物を買ってくれないわけだから日本の金まわりは悪くなる。

 中国はどうなるのか。驚いたことにまだ急成長ができるエネルギーがある。欧米や日本はいままでの成長モデルを変化させる大仕事がある。中国にはそれがない。アナログに比較してデジタルは作るのも簡単で品質差がない。自然エネルギーは広大な国土があって有利である。いきなり急成長して欧米や日本と肩を並べる可能性があるのである。インドも同じである。生活が向上して豊かになると世界中の誰もがおいしいものを食べたいのである。輸出する食糧なんてなくなる。自国だけで充分に消費されて豊かになれる。

玄米アミノ酸 日本の農業の今後を考える時に狭い視野で見てはいけない。大きな流れに耐えず注目をしてほしいのである。ダイナミックに変化をしていく。そして農水省の農政も「猫の目のように」から「ヒョウの目のように」さらに激しくコロコロと変わるだろう。

 ここも大きなポイントなのである。農水省や農協を批判するつもりは毛頭ない。批判をした所で空しいだけである。そうなると農政はどうなるのか。常に後追いである。米穀通帳がなくなったのはいつなのか。県庁内の養蚕課がなくなったのはいつなのか。十年一日の如く仕事をしている。

玄米アミノ酸 こんなに変化の激しい時代に対応できるわけがないのである。同時に農水省は許認可権を持っている。農業はこの許認可権に強く太く縛られている。法律違反はいけないけれどもパターンがある。許認可は変更しないが時代の流れは黙認するというパターンである。いい例が自然の害虫忌避剤である。農業以外は殺虫剤として認めていないけれど自然の忌避剤は世界的な流れなので黙認している。ここの所を的確に判断する必要がある。日本の役人は外圧に非常に弱いのである。

 外圧と同時に食糧は消費者の要求というのがある。もちろん安心、安全で旨くて安いものである。生産者から言わせると「そんな野菜や果物が作れるものなら作ってみろ」ということになる。大きなギャップがある。これが商売になる。ギャップは大きければ大きいほどビジネスとして成功する。大切なことは誰がお金を払ってくれるのかということである。その方向に向いて仕事をすればいいのである。

玄米アミノ酸 世界的な流れで見れば食糧危機は遠からずやってくる。世界的な食糧不足である。食料は国家戦略になる。最も強力な武器になる。遺伝子組換の種苗産業は国の基幹産業になる。気候変動も同じである。水不足もさらに深刻になる。

 自給率40%は上げざるを得なくなる。自給率という中で一番大きな問題は家畜のエサである。これは大きなマーケットニーズがある。品質を問われず収量だけ上げればいいのである。

 食糧危機が現実になれば農業の新規参入も開放さぜるを得なくなる。一時的にはパニック状態になる。なし崩しに変化が起こる。

玄米アミノ酸 これは架空の話ではない。近未来の現実である。日本は世界の変化についていくことはできるのだろうか。できたとしても混乱は避けられない。特に農業生産の現場は混乱するだろう。混乱を予測できれば不安はなくなる。そのためには広い視野での学習が必要である。ニュースレターで流す情報も何度も読み直してほしい。特に今回の情報は世界中から集めたものである。方向的には間違っていないと思う。頼りになるのは自分の頭脳だけである。変革は混乱をもたらすけれども最大のチャンスなのである。農業で大成功する人物が出てくると思う。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!